メニューを開く(+)閉じる(×)

第868話を機に、ビッグマム海賊団における重要人物として注目を集めている総料理長のシュトロイゼン。

彼の「ククククの実」の能力は、あらゆるものを食材に変えると言います。

さて、今回は「アニメ版だけでのシュトロイゼンの役割」について考えてみます!

つまり、シュトロイゼンはアニメ版では、原作と一部ちがった動きをするのではないかという可能性を考えてみます。

第867話までのストーリーで、ビッグマムは幼少期に、マザーカルメルを食べてしまった。

それは、筆者は「間違いない」と考えています。

でも!!

その出来事が、たとえ「マザーカルメルを食べちゃったんじゃないの!?」と思わせてしまうだけであっても、その様子がテレビアニメ版で放送される可能性は低いと思います。

根拠となるのが、サンジの回想シーンでの出来事。

ゼフは右足を失ってしまい、それ以降は海賊をやめてコック一本で生活しています。

原作では、ゼフが右足を失ったのは「サンジに食料を与えるため、ゼフは自身の右足を切断して食料にした」という、衝撃的なものでした。

でも、アニメでは「海難事故で足を挟んで失った」という描写に変えられていました。

のちのコミックスで尾田先生は、テレビというのは多くの人が見るものだからという趣旨の説明をされていましたよね?

つまり!!

ビッグマムの回想シーンの「人を食べた(と思われる)行動」も、テレビアニメでは別の描写に書き換えられるのでは!?

筆者はそういう予想をしています。

さすがに厳しいかな(^^;)

そこで活躍するのが、シュトロイゼンのククククの実の能力でしょう!

何と言っても、食材に変えられるのは「あらゆる物」!!

その通りにとらえるなら、無機物でも、食べられない植物でも、そして人間でも、食材に変えられるということでしょう。

例えばですが、

「アニメ版では、シュトロイゼンがこっそり能力を使ってマザーカルメルたちを食べ物に変えて、ビッグマムはそれを食べた!」

こうすれば、人を食べた(と思われる描写)も、少しは衝撃が軽減されるかもしれません。

ちょっと難しい話なのですが、シュトロイゼンはこのシーンで、アニメだけの特別な動きをする可能性があると考えています(^^)v

キャラ名鑑:シュトロイゼン

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!