メニューを開く(+)閉じる(×)

リトルガーデンを出港して、アラバスタへと進路を取ろうとしていた麦わらの一味の前に現れた、巨大な金魚。

立ちはだかる難敵を取り払ってくれたのは、ドリー&ブロギーの巨人族コンビでした。

金魚を撃退しようとするときに、そんな彼らにも越えられないものがあったことが明かされていましたね(^^)

今回のテーマは「ブロギー師匠も越えられなかった壁をウソップが越えていく!?」です。

この記事の目次

ウソップと巨人族

話の始まりは第129話「まっすぐ!!!」から。

リトルガーデンを出港しようとする麦わらの一味の前に現れた巨大金魚をドリーとブロギーの2人は「島食い」なんて呼んでいましたっけ。

金魚のフンの大きさ・長さがあまりにも特徴的で、そこには「何もない島」という名前がついて、巨人族の彼らでさえも大陸と間違えて上陸してしまったという伝説が残るほど。

……んん!?

このエピソード、全く同じものをウソップがシロップ村編で、カヤに語ってあげていましたよね!(◎_◎;)

ウソップが口からでまかせを言ったことが、偶然現実になっていたのでしょうか!?

そんなふうに思ってしまうほど、ウソップと巨人族はキーワードでも、エピソードでも一致しているようにうかがえます。

キャラ名鑑:ウソップ

この記事の目次へ

巨兵海賊団のドリー&ブロギーでも越えられなかった壁

さて、リトルガーデンでウソップが師匠と崇めたブロギーはじめ、ドリーとのコンビは、かつての巨兵海賊団でも最強と謳われたほど。

そんな彼らでも、第129話「まっすぐ!!!」では、強さでなんでも叶えられたわけではないということが明かされていました。

ドリー&ブロギーは唯一、「血に染まるヘビ」が倒せないんでしたっけ?

血に染まるヘビ!?

リトルガーデン近海の島食いの巨大金魚のように、どこかの海かどこかの島に、ヘビでもいるというのでしょうか!?

しかも、血まみれで…。

いやいや。

麦わらの一味の冒険で、その「血に染まるヘビ」は登場済みだと思うんです(⌒▽⌒)

赤い土の大陸(レッドライン)でしょう!!

世界を大きく2つに分けるレッドラインこそが、ドリー&ブロギーが唯一越えられなかった壁。

(※ただし約100年前に限る)

こういうことではないでしょうか??

つまりね。

ドリーやブロギーには、レッドラインを越えようとした過去があるという可能性はないでしょうか?

また、さらに掘り下げるならエルバフには、レッドラインができた頃の言い伝えがあるという可能性もあったりして…( ^ω^ )

「こういう経緯でレッドラインが完成したんだよ」

「なるほど、では巨人族の我らがそれを突き破ろう!」

「むむむ、これまでなんでも打ち破ってきた我々巨兵海賊団が、レッドラインだけを打ち破れないとは……!!」

そんな言い伝えがエルバフにあったりしてね(⌒▽⌒)

キャラ名鑑:ドリー

キャラ名鑑:ブロギー

この記事の目次へ

血に染まるヘビを倒すのはウソップなのか!?

さぁ、ここまでエピソードを挙げてきました(^^)

「ウソップと巨人族にはつながりが多い」

「巨人族ドリー&ブロギーでもレッドラインは越えられなかったのでは!?」

ここまでくれば、筆者が述べる考察は1パターンだけです( ^∀^)

ウソップの尽力でレッドラインを突き破るのでは!?

これだと思うんです。

ドリー&ブロギーの言う「血に染まるヘビ」がレッドラインだと仮定して、それへの再挑戦の可能性が消えたわけではありません。

寿命が近いわけではありませんからね。

約300年の寿命のうちルフィ17歳時点で158歳なので、巨人族の寿命のようやく半分を過ぎた程度です。

でも、ドリー&ブロギーは誇りをかけた決闘の方が重要度が高そう…。

レッドラインを突き破りにいく可能性が高いとは言い切れません(^^;)

でもね。

もしも、マリージョアがその上にあり、魚人島がその下にあるという性質から、レッドラインを誰かが壊す必要があるのだとして。

巨兵海賊団のドリー&ブロギーにもレッドラインの破壊が叶わないものだとして。

それを見事に果たす、大きなカギになるのは「ウソップ」ではないでしょうか(⌒▽⌒)??

もちろん、ウソップが1人だけでレッドラインを突き破る可能性は高くないと思いますよ。

それに、ドリー&ブロギーができなかったことで、ウソップがそれを叶えようとするなら、麦わらの一味の傘下で巨人族のハイルディンもレッドラインの破壊に大きく関わる可能性があるとも予想しています(^^)

ハイルディンの描く未来に、巨兵海賊団の復活があるなら、よけいに動機としてはじゅうぶんですよね。

キャラ名鑑:ハイルディン

この記事の目次へ

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!