メニューを開く(+)閉じる(×)

ジャヤで黒ひげに出会ったルフィたち。

黒ひげの口ぶりに対して、ルフィやゾロは、あいつではなくて「あいつら」だと言う趣旨のセリフを残していますが、その真意は読者の間で様々な解釈が述べられてきました。

今回は筆者も「黒ひげに対する【あいつら発言】の真意を考えるin2017年春」と題して、少しばかり考えてみます(*^▽^*)

この記事の目次

黒ひげへの【あいつら発言】はケルベロスとは関係なし!?

まずは話を第223話「ワタクシはこの町では決してケンカしないと誓います」からはじめましょうか(^^)

ルフィと黒ひげがカウンターの隣の席で、やれチェリーパイがうまいだのまずいだの、ドリンクが格別にうまいだのマズイだの言っていましたよね(笑)

このときの黒ひげの歯が、上の歯2本と下の歯1本、それぞれ欠けているように見えるんです。

一方で他の登場シーンではまた別の箇所の歯が欠けていましたね。

そんな黒ひげはベラミーの唱える、夢を見る時代は終わったという発言に対して、

人の夢は!!!終わらねェ!!!!
(第225話「人の夢」より)

と、心に響く発言をしていました、漫画のコマとしても見開きフルに使っていましたから(^^)b

ナミは、あいつ(黒ひげ)が空島について何か知っていたのかもと言いますが、それをなかば否定したのが、ルフィ&ゾロのこのセリフ。

あいつじゃねェ…
あいつらだ……たぶんな
(第225話「人の夢」より)

と言っています。

「なるほど、つまり黒ひげには複数の人格が宿っていて、それを表現するためにゾロは【あいつら】って表現したんだね!」

「なるほどね!歯の欠けた本数が違うのもあるしね!!」

という方向に話を持って行くつもりは全くありません(^^)!!

筆者は過去に、黒ひげに関して「ケルベロスの悪魔の実の能力説を完全否定します」として、考察記事を書いたことがありました(^o^)

黒ひげがケルベロスだから、ゾロが「あいつら」と言って、ルフィも実質それに同調しているような態度だった。

それは「違う」と思っています。

次のセクションから、この「あいつら発言」について別の方向から深掘りしてみようと思います(^^)

この記事の目次へ

黒ひげが否定した「新時代」の価値観

【あいつら発言】がケルベロスとは関係ないと仮定した上で、まず黒ひげがどんな意見を否定していたのかについて考えてみましょう(*^▽^*)

黒ひげは、ベラミーの言う、そしてベラミー海賊団が共通して思い描いている「新時代」というものに対して、

アイツらの言う“新時代”ってのはクソだ
(第225話「人の夢」より)

と否定しています。

じゃあ、ベラミーたちの掲げる「新時代」っていうのは、大まかにどんな価値観の元にあるのかをふり返ってみましょう。

ベラミーは、ノックアップストリームについて少し触れつつ、

バカな現象には全て理由があるもんだ “夢”の理由なんざ今に全て解明される!!
(第222話「大型ルーキー」より)

と言っています。

これは、科学者Dr.ベガパンクが様々な現象を解明していることを示しているようにも解釈できないでしょうか…?

さらにそのあとベラミーは、

黄金郷  エメラルドの都  大秘宝「ワンピース」
(第222話「大型ルーキー」より)

と、具体的なものを挙げながら、夢を追うものを見るとムシズが走るとまで、強い嫌悪感を抱いていました。

つまり!

どちらかというとベラミーたちの掲げている「新時代」の価値観は理想より現実を大切にする価値観なのだと考えられます。

そして、黒ひげはその価値観を否定しているんですね。

たった一言で表現するなら、黒ひげは「理想主義者」ということでしょうか(^^)

この記事の目次へ

ルフィとゾロが見抜いたものと【あいつら発言】の背景

ルフィとゾロは、何を持って目の前にいる男が「あいつら」と表現できる相手だと分かったのでしょうか?

人の夢は!!!終わらねェ!!!!
(第225話「人の夢」より)

黒ひげのこの一言が判断の根拠になったことは、おそらく間違いないのでしょう。

でも「それだけ」ではない!!

筆者は、そのように予想しています。

先述したベラミーの言う「新時代」の価値観まで否定しているところを含めて、判断基準にしていると思うんです。

ルフィもゾロも、ベラミーたちにフルボッコにされながらも、聞くことは聞いていたはずですから(^^)

ゾロは【あいつら発言】のあとに「たぶん」と、自分の意見の自信度が100パーセントでないように思えるような一言を添えていました。

整理します。

ルフィやゾロは、黒ひげの価値観をあのシーンで理解した!!

とってもシンプルなフレーズで表現されていましたからね(^^)

分かりやすいと思うんです、ルフィ&ゾロでも。

つまり、ルフィやゾロは悟ったんです。

黒ひげの価値観が、現象の理由を解明していく政府寄りの科学者たち(Dr.ベガパンクなど)や、夢を否定する海賊たち(ベラミーなど)とも相反するものだということを。

そういう考え方はいかがでしょうか(*^▽^*)??

さらに踏み込みましょうか。

黒ひげが、その「相反する価値観の者たち」に挑むとも思える発言をしていましたよね?

高みを目指せば…、とか、人をしのぐとか。

つまりルフィやゾロは、黒ひげが価値観の相反する者たちを打ち破ろうとしていたことまでを見抜いていたという考え方はできないでしょうか?

そして、打ち破る考えを持っているならば「たぶん」この男1人だけではないはず!

そういう考え方が根底にあって、例の【あいつら発言】が出たのではないか!?

筆者は、そんな予想をしています(^-^)

この記事の目次へ

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ