メニューを開く(+)閉じる(×)

黒ひげ海賊団の提督は、マーシャル・D・ティーチという名前です。

元々、黒ひげ海賊団の立ち上げ前は「黒ひげ」という名前では呼ばれておらず、単純に下の名前で「ティーチ」と呼ばれているだけでした。

今回のテーマは「マーシャル・D・ティーチが黒ひげと名乗ることで隠したいもの」について考えてみます(*^▽^*)

この記事の目次

エースでさえ直属の部下の呼び名は「伝え聞いた」だけ!

黒ひげについて語っていたうちの一人が、ルフィの義兄のエースでした。

アラバスタ編でルフィに再会したときに、エースはこんな風に言っていましたね(^^)

おれは今”重罪人”を追ってる…
最近”黒ひげ”と名乗ってるらしいが もともとは”白ひげ海賊団”の二番隊隊員おれの部下だ
(第159話「来いよ」より)

重罪というのは、ワンピースの世界の政府が定めた罪ではなくて、白ひげ海賊団における罪、つまり「仲間殺し」という行為にあるようです。

で、それを自身の部下がやらかしてしまって、逃げてしまったから、隊長としてエースが出向いて始末を付けようしていたところでしたね。

エースの上記のセリフにもあるとおり、ティーチが黒ひげと名乗っているのは「最近」のことだと言います。

しかも「らしい」という表現です。

ここから推測されるのは、ティーチが黒ひげと名乗りはじめたのがサッチを殺してヤミヤミの実を奪って白ひげ海賊団から逃げ出す時点より後の話だということです。

もしも逃げ出す前に黒ひげと名乗っているなら、エースのセリフは「最近”黒ひげ”と名乗っているが…」になるはずですからね(^^)

キャラ名鑑:ポートガス・D・エース

この記事の目次へ

ジンベエとシャンクスも「ティーチ」のほうが違和感ナシ!?

エースと同様に、白ひげ海賊団と直接の関わりを持ちながら、元船員であるティーチの「黒ひげ」という呼び名になじみがない人物は他にもいます。

具体的に挙げると、ジンベエとシャンクスです(^^)v

ジンベエに関しては、インペルダウンでルフィと黒ひげが対面したシーンで、ティーチといったのを黒ひげと言い直しているシーンがありました。

今は黒ひげっていった方がいいのかな…、そんな感じでしたよね?

キャラ名鑑:ジンベエ

シャンクスに関しては、マリンフォード頂上戦争の終盤に登場して、黒ひげ海賊団を退けるシーンで似たような描写がありました。

まだやるか、みたいに立ちはだかって、一度ティーチといったところで、黒ひげと言い直していました。

キャラ名鑑:シャンクス

ジンベエもシャンクスも、白ひげ海賊団に、特に白ひげに直接の関わりを持っていました。

彼らにとっては、付き合いのあった白ひげ海賊団の、元船員であるティーチのことは「ティーチ」と呼ぶほうがなじみがあると言えるのではないでしょうか。

この記事の目次へ

ティーチが「黒ひげ」と名乗ることで隠したいもの

「な〜んだ、ティーチが黒ひげって呼ばれるようになったのは、白ひげの船から逃げた後のことだったんだね(^^)」

で、おしまい……じゃないです!!

ココで終わらせるのは、ちょっと勿体ない気もしているんです(^^;)

なぜティーチは「黒ひげ」と名乗るようになったのか!?

そこを考えてみたいと思うんです。

例として、ルフィを挙げてみたいと思います(*^▽^*)

ルフィは、世間では「麦わらのルフィ」または「麦わら」と呼ばれています。

「麦わら」という異名を用いずに「ルフィ」と呼ぶのは、麦わらの一味の仲間や、ガープ、サボといった身内、そして、それぞれの街で仲良くなった一般市民などなどです。

友達や仲間、身内でない人々は「ルフィ」ではなく「麦わら」を使うほうがほとんどです。

ティーチの場合も、それを狙ったんでしょうか…?

つまり「ティーチ」と呼ばれるよりも「黒ひげ」と呼ばれた方が都合が良かったのではないかという予想です!

その背景には、エースのように自身を追いかけてきそうな相手から逃れやすいという事情もあったかも知れません。

その可能性は、排除せずにいたいんですね(^^;)

ほかにも可能性があるとしたら「マーシャル・D・ティーチ」という本名を、あえて隠しておきたいのでは!?なんていう可能性も挙げてみたいんです(^^)

「Dの一族」っていう部類にくくられるものとしては、ゴール・D・ロジャーが海軍からは「ゴールド・ロジャー」が「D」の部分を隠していましたが、ティーチの場合は逆ではないかと。

つまり「ティーチのほうからDの一族であることを可能な限り隠したい」という意志があったとしたら、どうでしょうか?

といっても、黒ひげの手配書が出回ってしまえば、そこに「マーシャル・D・ティーチ」という名前は書かれるんですけどね(^^;)

それでも、ルフィの例と退避させるなら、ティーチの呼称は「黒ひげのティーチ」とでも、なるのでしょうか。

「D」は使われずに済みますよね(^^)

もしかしたらティーチは「黒ひげ」と名乗ることで、世間から「D」の名を意図的に隠したかったのではないか。

どうかな、しばらくこの先のストーリーを見守ってみます(*^▽^*)

この記事の目次へ

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!