メニューを開く(+)閉じる(×)

インペルダウンのレベル6の囚人だったバスコ・ショットは、黒ひげ達の獄内侵入により、黒ひげ海賊団に加入しました。

今回は「バスコ・ショットの見た目や仕草で気になるポイント」について述べてみます(*^▽^*)

この記事の目次

世界中の猛者たちを前に好戦的な発言をする豪快さ

まさに大酒!あの瓢箪(ひょうたん)はどこから持ち出した!?

バスコ・ショットは左利き!?

世界中の猛者たちを前に好戦的な発言をする豪快さ

バスコショットの初登場シーンは、サンファン・ウルフらと同じくマリンフォード頂上戦争での処刑台のそろい踏みのシーンでした。

こいつら殺してええのんか
(第576話「大海賊エドワード・ニューゲート」より)

と、数多くの海兵たちや世界各地からエース救出のため集まった海賊たちを前に言ってしまうメンタルには、強靱なものを感じさせます。

マリンフォード頂上戦争で処刑台の上に集まった黒ひげ海賊団の面々は、様々に戦争の様子などを語っていますが、マリンフォード頂上戦争に集まっている者たちに対して好戦的な発言をしているのは、バスコ・ショットだけのように思えます(゜д゜)

もしやバスコ・ショットのこの発言、戦闘における大きな自信の表れを意味しているのでしょうか…?

この記事の目次へ

まさに大酒!あの瓢箪(ひょうたん)はどこから持ち出した!?

そんなバスコ・ショットですが、次は彼の見た目について考えてみましょう。

どことなくピエロっぽく見える頭部は、これは「髪型」ということでしょうか(^^)??

バスコ・ショットの代名詞的なアイテムとしては、異名でも用いられているとおり「酒」がまず出てくるキーワードだと思います。

「トプトプトプ…」というのも、まるで口癖のように使っています。

それに、大きな瓢箪を背負っているのも、中に酒が入っている可能性もありそうですよね(^-^)

そういえば、インペルダウン脱獄時に奪った軍艦でバギーが酒を飲んでいましたっけ。

となると、海軍の軍艦に多少の酒が積み込まれているということでしょうか。

瓢箪に関しては、彼本人の持ち物なのでしょうかね??

死刑や終身刑を前提として収監されていたハズのバスコ・ショットの持ち物を、インペルダウン側としては残しておくメリットはあったのでしょうか。

囚人とは言え人権が尊重されていたのか、それともバスコ・ショットがインペルダウンに収監されてからあの時点で日が浅かったなどの理由で、まだ瓢箪が処分されていなかったという可能性も考えられなくはありません。

もしくは「囚人達の持ち物も、数年は保存しておこう」みたいなインペルダウンの内部規約があったりとかね(^^)b

この記事の目次へ

バスコ・ショットは左利き!?

さて、ここではバスコ・ショットの少しだけ気になるシーンを見てみましょう。

それが白ひげの最期、黒ひげ海賊団の面々が一斉に、銃などそれぞれの武器で白ひげに集中攻撃を浴びせたときでした。

刀で斬る者、槍で突く者、色々いましたが、全メンバーのおよそ半数ほどは銃で攻撃していたんです。

バスコ・ショットもその中の一人でしたが、唯一バスコ・ショットは左手で銃を撃っているんです( ̄ー ̄)!!

ほか、黒ひげとかバージェスとか、銃で撃っているメンバーは確認できる限りでみんな「右手」ですよね!?

でも、バスコ・ショットだけ左手。

ということは、バスコ・ショットは左利きということなのでしょうか…?

もしかしたら、あまり意味が無いことなのかも知れません、そこは大きな問題じゃないよってね(^^;)

でも、バージェスや黒ひげになら部下たちで、バスコ・ショットが描かれているんです。

右利き、右利き、からの、左利き。

これには何か、意味のようなものも感じてしまうのです(^-^)

今後、黒ひげ海賊団はいずれ麦わらの一味と対峙する可能性があるかも知れません。

そうした中で、バスコ・ショットの利き手が先頭において重要なカギになったり、ストーリー上の伏線になったりしたら…!?

筆者は個人的には、少しワクワクしてしまいます(笑)

この記事の目次へ

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

このページの感想をお聞かせください

気に入ったらSNSでシェアしてください!

コメントを残す

▲先頭へ