メニューを開く(+)閉じる(×)

世界各地の海賊たちにとって、ガープを意識する者たちも多く存在するようです。

伝説の海兵と呼ばれたモンキー・D・ガープ中将は過去にどんな風に名を馳せたのでしょうか。

今回のテーマはガープへの評価から見る「鬼」と「悪魔」についてです(*^▽^*)

この記事の目次

チンジャオから見たガープは「悪魔」

キャベンディッシュから見たガープは「鬼」

まとめ:立場によって異なる!ガープを「悪魔」と見るか「鬼」と見るか

チンジャオから見たガープは「悪魔」

今回の考察の始まりは、ドレスローザ編から(^^)

コリーダコロシアムでルフィと同じCブロックに、まさしくガープと同年代の海賊が出場していました。

八宝水軍第12代棟梁のチンジャオですね。

技「武頭」を繰り出し、ガープと互角にも見えるほど激しい戦いを繰り広げてきたチンジャオですが、自分に対してのイメージも含めて、ガープの思い出をルフィにこんな風に語っていました。

かつてのガープは海賊たちにとって”悪魔”そのものだった…!!
(第708話「曲者達のコロシアム」より)

ここでは「悪魔」というキーワードが登場しています。

あまり言うまでも無いことかも知れませんが、ここでいう「悪魔」というのは同世代を生きた海賊から見た場合は「悪魔」のようだったという表現に過ぎません。

なにも海兵から見て「ガープ中将は悪魔だぁー!!」という表現じゃありませんよね(^^;)

多くの海賊からすればガープは悪魔だった、その代表として、チンジャオが上記のような発言をしていたと考えるのが自然でしょう。

チンジャオに関してはキャラクター名鑑からもご覧いただけますm(__)m

この記事の目次へ

キャベンディッシュから見たガープは「鬼」

さて、次は同時期に初登場したキャベンディッシュです(^^)

キャベンディッシュは麦わらの一味より1年早く海賊になり、ルフィ16歳時点の世の中を騒がせていた存在だったそうです。

となると、もうすでにガープは中将でしょう、コミックス零巻からも、ルフィ17歳時点より前に大将昇進を断っていた(つまり数年単位で中将のままだった)ことがうかがえますからね(^^)

そんなキャベンディッシュですが、ガープの名声はもちろん彼にも届いています。

そして、ルフィに対してこんなことを言っているんですね。

鬼の孫
(第708話「曲者達のコロシアム」より)

ルフィを「孫」と呼ぶ立ち位置の人物は、基本的に「4人」だと考えられるでしょう。

ルフィにとっての(1)父方の祖父(2)父方の祖母(3)母方の祖父(4)母方の祖母、です。

でも、文脈からしてここで言う「鬼」は、父方母方ともかくとして、ルフィのじいちゃん、つまりガープのことを指していると考えるのが自然な流れです。

しかもキャベンディッシュの「鬼の孫発言」の言い方からして、チンジャオがガープについて語った直後なので、なおさらです(^^)b

つまり、海賊とは言え世代の異なる者から見れば「鬼」と例える者もいると言えそうです。

ちなみに、キャベンディッシュに関する情報はキャラクター名鑑からもご覧いただけますm(__)m

この記事の目次へ

まとめ:立場によって異なる!ガープを「悪魔」と見るか「鬼」と見るか

[1]同世代を生きた海賊から見た場合、ガープを「悪魔」と例える者もいる!!

[2]世代の異なる海賊の中には、ガープを「鬼」と例える者もいる!!

……ちなみにね。

ワンピースのストーリーで「鬼」や「悪魔」っていうフレーズは、過去に何度も使われているんです。

「ガープに対して」とは限らずにです。

だから、ストーリー内の「鬼」や「悪魔」という表現に、仮に一貫性があるのなら、その共通点や法則性を探る意味はあるとも思います(^^)

作業量は大きいでしょうけど(^^;)

だからいずれ追加で発見したことなどがあれば、この記事に追記していきたいと思います。

この記事の目次へ

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ