メニューを開く(+)閉じる(×)

ドレスローザ編で登場したCP0(サイファーポール・イージス・ゼロ)というキャラクターの人々。

彼らは天竜人の直属の諜報部員だそうですね。

ロビンは彼らを避けたんです、それは何故だろうと考えるのが今回のテーマです(^^)v

この記事の目次

グリーンビットに向かう途中に見かけたCP9

少し似ている「ロビンが身を隠すシーン」

ロビンがCP0を避けた理由につながる3つの仮説

グリーンビットに向かう途中に見かけたCP9

話の中心になるのは第705話「追撃のメイナード」です。

ちょうどロビンは、ロー、ウソップとともにシーザーの引き渡しのためにドレスローザからグリーンビットへ向かおうかというところでしたっけ(^^)

そんな彼らの近くを通りがかったのが、CP0の面々。

そこでロビンが、あからさまに彼らを避けたんですよね。

なぜロビンは、CP0を避けているんでしょう??

ここについて、少し考えてみたいと思います。

この記事の目次へ

少し似ている「ロビンが身を隠すシーン」

ロビンは元々、CP9のことを知っていた可能性が高いでしょう。

その素振りを見る限り、CP0の姿を見ただけで何かしらの「ただならぬ雰囲気」を感じて、ロビンは身を隠しています。

同じようにロビンが身を隠したエピソードでも、これと真逆のシーンがありましたよね?

シャボンディ諸島です(^^)!!

麦わらの一味が各地での2年間の修行を終えて再集合したとき、ロビンは何者かに追われていました。

誰に追われているのか、それはロビンも知らないようでした。

でも、見つかって捕まったら、どこかに連れ去られてしまう。

知ってか知らずかロビンは逃げるんです、明らかにマズイ状況だと察したのでしょう。

シャボンディ諸島の一件は無事に逃れられたのですが、ドレスローザでも少し違う状況で、何かしらの危険を感じ、身を隠しました。

ところで、その後の描写によると、CP0のうち2名は、かつてエニエス・ロビー編でロビンを苦しめた「ロブ・ルッチ」と「カク」にも見えるんです(^-^)

そのあたりの事情も絡んできそうですねぇ。

この記事の目次へ

ロビンがCP0を避けた理由につながる3つの仮説

さぁ、ロビンがCP0を避けた理由について、いくつか仮説を立てて考えてみましょうか(^^)

主に、この2つに大別されるでしょうか。

仮説1:CP0の正体がロブ・ルッチ達だと知っていたから

これはもう「ズバリ」ですね。

ロビンが革命軍と行動を共にしていた2年のうちに、CP0としてのルッチたちと顔を合わせていたのではないかという仮説です。

その場合、古代兵器プルトンの復活のために躍起になって捕まえていた当時とは立場の異なるルッチたちが、それでもロビンを狙おうとする動機が気になります(@_@)

仮説2:CP0の正体は知らないが「顔を合わせてはならない」と知っていたから

2つ目の仮説は、ロビンがCP0の正体を知らないながらも「接触するのがマズイ相手」だと知っているパターンです。

そもそも革命軍は、ルフィ7歳時点のゴア王国近辺の回想シーンに登場したドラゴンを見る限りは貴族や王族、天竜人のような立場に苦しめられるものを解放するという意味合いも含まれているように解釈できそうです。

だと考えると、天竜人の直属機関であるというCP0と革命軍とが互いに相容れないというのも理解できそうな気がします(^^)

 

でもねぇ。

CP9だったルッチたちがロビンを狙っていたのは、「古代兵器プルトンの復活」という当時の上司スパンダムの陰謀があったからのハズなんです。

どういうわけかルッチとの権力関係が逆転したスパンダムに、もう従う必要は内容ですし、すなわちルッチとロビンにはもう、狙う・狙われるの関係は消滅しているようにも思えるのです。

そこで!

もう一つ、こんな仮説も立ててみることにしました(^^)b

仮説3:天竜人がポーネグリフを解読したがっているから

こういう仮説はどうでしょう(^^)?

ちょっと「仮説1」とも関連しそうですけど。

少なくとも、天竜人がポーネグリフに何が書かれているかを知っているという描写はコミックス第84巻までで見当たりません。

「世間ではニコ・ロビンしか古代文字を読めないように思われているけど、実はわちしも読めるえ〜!」

っていっている天竜人はいませんよね(^^;)?

エニエス・ロビー編は、世界政府の諜報機関のいち長官に過ぎないスパンダムが発端で、ロビンの連れ去りが起こりました。

ストーリーを読む限りでは、もしも五老星が「ダメだ!」と言ったら、スパンダムはロビンを「古代兵器復活の手がかりとして」とらえることもできなかったかも知れません。

(海賊としてノーマルな手段でとらえることはできたでしょうけどね…)

さて、筆者が予想しているのは、それの「拡大版」です。

つまり…、

ニコ・ロビンは、今度は天竜人の命令により捕らえられてしまうのではないか…!?

くしくもロビンがCP0をみかけたドレスローザ編で、五老星も意図しない状態で「ドフラミンゴ七武海脱退」の誤報を報道に流すという驚きの芸当が天竜人という立場を介して行われました。

つまり、もしもロビンが天竜人の意志によって捕らえられるようなことになれば、いよいよ五老星でもどうにもできない話になるということでしょう。

 

いえ(^-^)

かりにロビンがもう一度捕らえられることになったとしても、彼女には強い仲間がいて、きっと守ってくれるはずです。

そこは心配せずに、今後の展開も見守ろうと思います。

この記事の目次へ

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

このページの感想をお聞かせください

気に入ったらSNSでシェアしてください!

コメントを残す

▲先頭へ