メニューを開く(+)閉じる(×)

アラバスタ王国の王女ネフェルタリ・ビビ。

本稿執筆時点(2016年6月)では、ゾウ編とホールケーキアイランド編の合間に再び登場して、ファンの心を熱くさせてくれました(^^)

未だに人気の根強いビビですが、コミックス第76巻のSBSで、好きな食べ物が「カレー」「プリン」で、嫌いな食べ物が「スルメ」だと言うんです。

今回のテーマは「ビビの好きな食べ物・嫌いな食べ物に見る、ストーリーとのつながり」を考えてみます。

嫌いな食べ物「スルメ」の由来は、あの魚人と同じ!?

まずは、ビビの嫌いな食べ物から見てみましょうか(^^)

王女ビビちゃん、スルメが嫌いなんだそうです。

何でスルメ(笑)?

尾田先生、テキトーに決めてない(笑)?

そんな風に思っちゃうかも知れないんです、一瞬ね。

でも、もしもこの「ビビの嫌いな食べ物はスルメ」という情報に、意図したモノがあるとしたら…。

スルメを嫌がっているキャラクターが、過去に少なくとももう一人登場しているのを覚えていますか?

魚人島編に登場したイカロス・ムッヒ(イカの魚人)です。

イカロス・ムッヒは親友の大王イカ「ダイダロス」を失っているんです。

それも、ダイダロスが「太陽」に近づきすぎたとかで(^^;)

それを機にイカロスは、自身が干からびてスルメになることを恐れている描写が見られます。

一方のビビ。

彼女が王女の座にあるアラバスタ王国も、ルフィがクロコダイルを倒した3年ほど前の頃から、雨が降らずに「干ばつ」で苦しんでいましたよね(^^)

「干からびたモノがイヤ」

そうした意味合いから、ビビの嫌いなモノは「スルメ」と定められたのだとしたら、深みがありそうですよね(^^)

好きな食べ物その1「カレー」

ワンピースで意外にも「カレー」って、ほとんど登場していないんですよね(^^;)

ワンピースをパッケージにしたカレーライスは、食品会社さんから発売されているようですけども。

子供にも人気の漫画・アニメで、子供に人気のメニューが出ていないって、意外に感じるのは筆者だけでしょうか(^^;)?

でもね、アニメのオリジナルストーリーの中で一度、カレーをメインテーマにしたお話があるんです。

それが第133話 「受け継がれる夢(レシピ)!カレーの鉄人サンジ」というお話。

当時のゴーイング・メリー号に迷い込んだタジオという少年がいて、彼がオールブルーを夢に持っていることを知ったサンジ。

タジオは週に一度の海軍カレーの当番を任されており、サンジもカレー作りに協力することになるというお話なんですけどね。

「カレーの鉄人サンジ」ですって。

「カレー」と「サンジ」というキーワードが、ここで繋がるのかな?

だとしたら、ビビはサンジのことが好きなの?

サンジに恋愛感情を抱いているの??

違うと思うんです(爆)!!!

続きは、次の食べ物を見てみましょう。

好きな食べ物その2「プリン」

ビビにはもう一つ、好きな食べ物があるんです。

それが「プリン」。

もう、筆者が何を言いたいかお分かりでしょうか。

「ビッグマムの娘シャーロット・プリンを連想しませんか?」

ってことです(^^)

ということは!

ビビが好きな食べ物としてあげている「カレー」と「プリン」。

これがそれぞれ「サンジ」と「シャーロット・プリン」を指しているものだとしたら?

サンジに対する恋愛感情という形の暗示じゃなくて「サンジの立場を救うために大きな役割を果たす」という意味が込められているのだとしたら?

もしかしたらビビは、サンジとプリンの結婚話で「多くの立場の人々が納得のいく形(妥協できる形)での落としどころを示す役割」を担うのではないでしょうか?

ルフィにとって、無事にサンジを奪還できる形。

ビッグマムにとってもジェルマにとっても損をしない形、少なくとも故意に人を傷つけていない人物達はね。

そういう人達に、ビビが何かをする「暗示」なのではないかと考えてみました(^^)

だとすると、ビッグマム&ジェルマからのサンジの奪還と、ビビが近々出席するレヴェリーとが「関連するイベント」になっちゃいそうですけどね(^^;)

ビビの好きな食べ物&嫌いな食べ物で、ここまで予想してみました。

どうかな〜(笑)

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!