メニューを開く(+)閉じる(×)

ウソップ覇気覚醒!!

そのニュースが多くのワンピースファンの間を駆け巡ったのは、第758話の連載の頃でした。

ドレスローザ編で、一度は気絶しながらも復活を果たしたホビホビの実の能力者シュガー。

彼女が触れるものはオモチャに変えられ、人間だった頃の記憶まで周囲の人から消えてしまう、とっても恐ろしい能力でした(゜д゜;)

コミックスの中では明確に「ウソップの見聞色の覇気が覚醒した」という表現は、コミックス第82巻の時点ではまだありません。

ただ筆者は「見聞色の覇気覚醒と見て良いだろう」と解釈しています(^^)v

ウソップの覇気覚醒(?)に至るまで

シュガーを再び気絶させなければ、今度はルフィやローがだまされて、オモチャにされてしまうかも知れない!

そう気付いたウソップは、周りの人達がようやく目で確認できるほどの距離にあるドレスローザの王宮をにらみながら、狙い撃ちでシュガーのみを気絶させようと構えました。

ギロギロの実で千里眼の能力を持つヴィオラの援護を得ながら、狙いを定めていくウソップ。

その時!

シュガーやルフィ、ローの気配が「見える」ということを言い出したんです。

遠くにいる仲間たちや敵の気配を感じ取ったウソップ。

人はこのようにして、覇気が覚醒していくのでしょうか?

(もしくはこの期に及んで、覇気じゃありませんでしたっていうオチがあるのかな…?)

いずれにしろ、このシーンをきっかけにウソップが大きく株を挙げたのは間違いないと言って良いと思います(^^)

未来のウソップのライバル候補ヴァン・オーガー!

黒ひげ海賊団にヴァン・オーガーという狙撃手のキャラクターがいますよね?

コミックス第25巻で、ジャヤ島に上陸する手前の麦わらの一味。

当時乗っていたゴーイングメリー号を進めていると、甲板に鳥が突然落ちてきたのです!

何者かに撃たれたような形跡はありましたが、撃ったものが見当たらなくてチョッパーは混乱していたみたいです。

麦わらの一味の肉眼では見えない場所。

銃声も聞こえないような場所。

そんな場所から狙い撃ちしてきたオーガーは、狙撃に関して相当な実力を持ち合わせていることが伺えます(^-^)

もしかしたらあのシーンでのヴァン・オーガーは、見聞色の覇気を発動させていたのでしょうか??

微妙かもしれませんが、使っていたかも知れませんね、覇気(^^)

嘘から出た誠!覇気使いウソップ?

ところで。

「ウソップ」と「覇気」で繋がるキーワードで、少し興味深いエピソードがあるんです(^^)

グリーンビットでウソップが小人族に出くわしたとき、偶然重なった地面の揺れ。

あれをウソップは、とっさに自分の「覇気」だと言ったんです。

それに対して小人族達は、新聞に載っていた魚人島の戦いの覇気かと騒ぎ立てます。

どうやら、ルフィが覇王職の覇気で魚人達を一気に5万人も倒してしまったことが、新聞記事になっていたようですね(笑)

それを小人達は、ウソップの仕業だと信じてしまったみたいです。

ちょっと微妙なんですが、このシーンではウソップが使える覇気が「覇王職の覇気」とまでは言っていないんですよね(^^;)

だから「覇気を使える」というウソから、実際に(見聞色の)覇気を使っているので、グリーンビットのあのシーンでウソップがついた嘘は(一応)実現していると言えるかも知れません(^^;)

「見聞色の覇気」には2つのタイプがあるの!?

ちなみに。

ウソップは第758話で気配が「見える」って言っていましたよね?

仮にウソップがこのシーンで得た力が、本当に見聞色の覇気だったとしましょう。

そこで、見聞色の覇気を持っている他のキャラクターと比較してみます。

比べる相手は、さかのぼること「空島編」の神・エネルとアイサです。

エネルは見聞色の覇気(彼らの言葉では「心網(マントラ)」)と自身のゴロゴロの実の能力で、相手の声を「聞く」のだと言います。

アイサも、みんなの「声」が消えるとか言っていましたね?

ということは、声を「聞いて」いたのでしょう(^^)

ちなみにコビーもそうでした。

マリンフォード頂上戦争で、声が消えていくと苦しんでいたシーンは印象的でした。

だとすると…、

見聞色の覇気には本来「見るタイプの力」と「聞くタイプの力」の2種類があるのかな??

筆者はそんな風に予想しています(^^)b

今後も、覇気の覚醒を思わせるような出来事を、麦わらの一味の誰かが経験していくのでしょうか?

楽しみにしています(^o^)

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ