メニューを開く(+)閉じる(×)

最近密かに始めた「噂に挑戦」シリーズ!

ワンピースに関するちまたの噂を検証します(^^)

今回は、誰が言い出したのか「ナミとローは兄妹なのか!?」です。

ナミとローの経歴をザックリと!

まずはナミの過去から振り返ってみましょう。

ココヤシ村で育ったナミですが、村にやって来たのは義母のベルメールさんに連れられてのこと。

そのベルメールさんとの出逢いは「とある戦場」でした。

瀕死の重傷を負ったベルメールさんでしたが、死んでしまいそうな所にやって来たのが、赤ちゃんだったナミを抱いた義姉のノジコだったのです。

生きる気力を取り戻したベルメールさんは、そこからナミを自身のふるさとで育てることにしたのでした。

次にローの過去を見てみます。

ローは幼い頃、フレバンスの人々がかかってしまう「白鉛病(はくえんびょう)」を患っていました。

そんな中、フレバンスを火の手が襲い、少年ローは妹さえも失ってしまった…、ハズでした。

その後にドンキホーテファミリーに入ったローは、ファミリー達から戦闘の腕を学び、のちにドンキホーテファミリーを脱退。

王下七武海の立場を利用してパンクハザードに潜入し、ドフラミンゴの壊滅から、カイドウの四皇からの引きずり下ろしを画策しています。

ここまでが、コミックス第81巻までの情報です。

で、なんでローとナミが兄妹なワケ…(^^;)?

ここまでを読む限りだと、考えてしまうんですよね。

「なんでローとナミが兄妹ってことになるの!?」

ポイントは「ローの妹の名前」でしょうか。

「ラミ」っていうんですね。

でもこれを、幼かったローが滑舌回らずに「ナミ」を「ラミ」と呼んでいたのではないか?という考え方があるようです。

ただ、筆者の個人的な意見では、これは「可能性は限りなく低い」と考えています。

第一に、ナミがベルメールに引き取られることになったのは、言葉もままならない赤ちゃんの頃。

それに対してローの妹のラミが亡くなったと思われるのは、言葉を既に覚えている幼児の頃です。

でもこれは「ローの妹ラミと、麦わらの一味のナミが同一人物でない可能性が高いですね」ということの確認にしかならないと思うんです。

いずれローの家族に関する真相が明かされ「ローにはもう一人妹が居てね、昔、どこかの戦場でベルメールという海兵に引き取られたそうだよ」という流れになる可能性が無いとも言い切れません。

なので「ローとナミが実の兄妹である可能性はゼロではない」ということで、結論づけたいと思います(^^)v

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!