メニューを開く(+)閉じる(×)

「キングダム」の作者・原泰久先生が、さる5月28日(土)の午後10時から、NHK Eテレの「達人達(たち)」に出演されていましたね(^^)!!

対談相手は「信長の野望」「三國志」などのシリーズで有名なゲームクリエイターのシブサワ・コウさん。

あ、シブサワさんは2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」のフル3Dマップの監修もされているんですね(@_@)

番組内では、キングダムの人気シーンも振り返りつつ、原先生の連載時の思いや、仕事場のスタッフさんが語るエピソードなども織り交ぜていました。

信や政、王騎などはもちろんとして、李牧や輪虎らとのエピソードにも触れられていました。

筆者が特に印象的だったのが、原先生が「スラムダンク」などの作者として知られる井上雄彦先生とのお食事の場で、相談をされたというシーン。

一時期は「キングダム打ち切りの危機」だというほど、原先生は悩まれていたそうです。

話の作りこみには自信があったというものの、思った通りに人気が出てこなかたっという当時のキングダム。

そこで井上先生に相談されたところ、

「話じゃなくて○だよ」

との一言。

そこを見直したところ、たちまち打ち切りの危機を乗り越えたといいますから、不思議で興味深いものです(^^)

中華統一へ向けて、そろそろ後半かというキングダムの連載。

この先、戦を通じて秦の国がどのように変化を迎えていくか興味深く見守っていきたいと思います。

■参考サイト
NHK Eテレ「達人達」5月28日放送回の情報はこちら

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!