メニューを開く(+)閉じる(×)

戦場の樹海を、丘の上から見下ろす慶舎。

戦局が思い通りに進んでいると読んで、雷土・ゼノウを追う尾平達のいる二列目に襲いかかった。

慶舎の剣があまりに重すぎて、槍が折れて馬ごと転げ落ちた尾平。

慶舎の策略によって、前線で孤立させられてしまった雷土とゼノウの部隊。

別の場所では、金毛と紀彗が丘から戦場を見下ろしている。

金毛が思い出しているのは、李牧の慶舎へのたとえ。

慶舎は蜘蛛のように相手を絡め取って、骸にしてしまう、と。

桓騎はすっかり、慶舎が用意した蜘蛛の巣に引っかかってしまったようだ。

いっこうに援軍がやってこない、雷土・ゼノウの部隊。

雷土は思っていた。

桓騎が敵の策略にはめられたのは、おそらくこれが初めて。

雷土達のあたりの様子がおかしいのは、また別の丘から見下ろす桓騎も気づいていた。

それでも、どこか余裕を見せる桓騎。

雷土とゼノウは、元・大野盗団ならではの知恵を持っているらしい。

背中をかばい合う雷土とゼノウ。

雷土がゼノウに提案するものとは?

そして今回は登場しなかった飛信隊の戦局は、どうなっていくのか。

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!