メニューを開く(+)閉じる(×)
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
韓軍の武将。 合従軍戦では、函谷関の陥落が困難と判断された15日目の各国の軍略会議に、すでに討たれた成恢にかわり、大将代理として参加した。...