メニューを開く(+)閉じる(×)
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙の兵士。 合従軍戦の2日目に、慶舎から、公孫龍軍の突撃をやめさせるように指示を受けた。...
趙の万剛の父親。 長平の戦いで生き埋めになったうちの一人。...
趙の万剛の兄。 長平の戦いで生き埋めになったうちの一人。...
趙の将軍で、李牧の側近。 合従軍戦の前年に趙が燕を攻めることになった際に、李牧の命令でホウケンを迎えるために出向いた。 李牧いわく、本能型の将軍とのことである。 合従軍戦で秦国へと進軍していく際に、馬用の場内をすべて制圧した。...
・楽乗軍の隊長 ・廉頗との戦の際には、さらなる攻撃を命じられた ...
・楽乗の軍の隊長 ・廉頗との戦では、左翼を攻めて軍を分断させる役を任された ...
・趙の大将軍 ・蛇甘平原の戦いと同年に起こった趙軍同士の激突で廉頗と対峙し、討たれないながらも敗北した ...
・春平君を趙に連れ帰る代わりに、秦国に置かれた人質 ・趙国の財界の大物である ...
・趙王の寵愛を受けており、商人時代の呂不韋に金の工面をしてもらったことがある ...
・趙の将軍 ・李牧軍の第一陣を率いた ・王騎が倒れるきっかけの矢を放った直後、信に討たれた ...
・趙軍の隊長 ・騰に突破された ...
・趙軍の兵士 ・趙荘の配下にいる ・趙荘が撃たれた後、左腕を失って李牧に進言しているシーンがある ...
王騎を大将とする趙軍との戦いを高台で見物するために、李牧とともに訪れた。...
王騎を大将とする趙軍との戦いを見ていた河了貂や蒙毅のもとに突然やってきた。 趙の三大天の一人で、趙国の宰相・大将軍でもある。 合従軍の戦のあとに一度、宰相の任を解かれている。...
趙軍の千人称で、重装騎兵隊を率いている。 王騎を総大将とする秦と趙の戦いにおいて最前線を志願したが、蒙武率いる軍勢に蹴散らされた。...
趙の将軍。 龐煖の副将として馬陽の戦いに出陣したが、飛信隊の活躍により最後は信に討ち取られた。 ...
趙の将軍。 龐煖の副将として馬陽の戦いに出陣した。 ...