メニューを開く(+)閉じる(×)
燕の隊長。 合従軍戦の前年に、ホウケンや李牧率いる趙軍の左翼を攻めたが、敵を見失ってしまい、索敵をしながら戦を進めていた。...
燕の隊長。 ホウケンや李牧率いる趙軍との戦いで、伏兵にあって討ち死にした。...
燕の隊長。 ホウケンや李牧率いる趙軍との戦いで、伏兵にあって討ち死にした。...
燕の大将軍。 まず隗より始めよの故事成語のころに、燕にやってきた武将の代表格。 秦への合従軍が起こった40年ほど前に、斉を攻めた合従軍の総大将を務めた。...
燕の役人であり、国力の衰えていた燕において、当時の昭王から相談を受けていた。 現実世界の郭隗は、故事成語「まず隗より始めよ」の由来となった人物であり、他国から優秀な人材を集めるために、まず自身を優遇することから始めてほしいと昭王に求めたといわれている。...
燕の王であり、同盟の秦の王とは別人である。 燕の国力が衰えていたころ、国の復興について考えていたところ、郭隗に相談して策を求めた。 その結果、燕に集まってきた武将の代表格が楽毅と劇辛である。...
燕の大将軍で、元々は趙の出身だが、出世を求めて燕にやってきた武将である。 合従軍戦の前年にホウケンや李牧率いる趙軍と戦い、ホウケンと討ちあって死亡した。 若いころは、楽毅の率いる戦争を、直接戦場まで行って動きを学び、策をまねていた。...
趙の将軍で、李牧の側近。 合従軍戦の前年に趙が燕を攻めることになった際に、李牧の命令でホウケンを迎えるために出向いた。 李牧いわく、本能型の将軍とのことである。 合従軍戦で秦国へと進軍していく際に、馬用の場内をすべて制圧した。...
河了貂の補佐役。 里井の戦いに参戦している描写がある。...
魏の千人将。 里井の戦いで、河了貂加入後の飛信隊を討つため最前線へと陣取ったが、討ち死にした。...
魏の軍師で、魏の軍師八指の一人。 飛信隊への参謀の加入を見抜き、飛信隊と策で渡り合おうとした。 最後は河了貂の策の前に敗れ、間永とともにとらえられた。...
魏の将軍。 里井の戦いで飛信隊と対峙した。 河了貂の策の前に敗れ、氷鬼とともにとらえられた。...
桓騎軍の兵の一人。 対魏の山陽攻略戦で、桓騎とともに白亀西の本陣を攻めた。 その後、桓騎の指示で白亀西の幹部の首をはねる描写があった。...
秦国の重騎兵。 魏国に対する山陽攻略戦では、盾で信を守りながら、玄峰の軍へと突撃した兄弟。 兄は弟に思いを託して死亡した。...
魏の武将。 秦による対魏の山陽攻略戦で飛信隊に狙われ、本陣を吹き飛ばされた。...
秦の急造千人将。 対魏の山陽攻略戦に参戦した。...
秦の将軍で、蒙ゴウ軍の第二陣の指揮官。 対魏の山陽攻略戦で、狙われる可能性があるから警戒するようにと、信に直接促した。...
人員不足により急造で設けられた、秦の千人将。 対魏の山陽攻略戦で、輪虎に急襲され苦戦し、その後壊滅した。...
人員不足により急造で設けられた、秦の千人将。 対魏の山陽攻略戦で、輪虎に討たれた。...
輪虎の部下の兵士。 秦による対魏の山陽攻略戦で、戦闘中に500もの輪虎隊を集めてくるよう、輪虎から指示を受けた。...