メニューを開く(+)閉じる(×)
春秋時代の呉の国の刀鍛冶夫婦の夫。 莫邪は妻に当たる。 ...
春秋時代の呉の国の刀鍛冶夫婦の妻。 干将は夫に当たる。 彼女が作った莫邪刀は、時代を超えてのちに楚の項翼が合従軍戦でふるっている。 ...
楚の隊長の一人。 「将軍の盾」の異名を持つという。 ...
楚の千人将。 合従軍戦の初日に、項翼や白麗らと一緒に秦軍の陣へと攻めたが、録嗚未に討たれた。 ...
桓騎軍の千人将で、面白さを理由に桓騎から任命されたという描写がある。 桓騎軍の中では弓の扱いが一番下手だとバカにされているという。 戦闘時でも、上半身に何も身につけていない。 ...
秦の隊長の一人。 合従軍戦で、趙軍を迎え撃つために突撃体制をとった。 ...
秦の隊長の一人。 合従軍戦で、趙軍を迎え撃つために飛信隊の後ろに隊列を作った。 ...
ヒョウ公軍の隊長の一人。 合従軍戦で、趙軍から背後を狙われた部隊を率いていた。 後方へ急いで回った秦の呼びかけに呼応して、趙軍を迎え撃った。 ...
秦の兵士の一人。 合従軍戦でヒョウ公軍の中列と後列を前へ回し、第二突撃のための準備をするよう、ヒョウ公から指示を受けた。 ...
秦の兵士の一人。 合従軍戦でヒョウ公軍の前列を後ろへ回すよう、ヒョウ公から指示を受けた。 ...
魏の兵士で、呉鳳明の部下。 合従軍戦で呉鳳明から、ヒョウ公軍の後ろを狙わせるよう指示を受けた。 ...
燕の兵士で、オルドの部下。 合従軍戦の始まりに自らの舞台を率いて秦軍しようとしたところ、オルドに止められている。...
合従軍戦の韓の総大将。 ひびが入ったような模様のカブトと、血管が浮かんだ黒い顔が特徴的。 南は越より先、西は匈奴より先まで、毒兵器の開発のために研究対象の土地としていた。...
合従軍の楚の総大将。 「楚の巨人」の異名を持ち、オルドより大きい体格だという描写がある。 ...
合従軍戦の燕の総大将。 その名を聞いた呉鳳明が、北方の騎馬族出身ではないかと予想していた。 李牧が呼びかけたことを理由に燕王を説得し、合従軍に応じたという。 北方を主な戦場としながら、南側の楚に君臨する春申君の名は、合従軍戦の前から知っていた。 平地出身の武将ながら、中華の北方の50の民族の王になったといい、「山を読む」ことに関しては山民族も一目置いている描写がみられる。...
呉慶の息子で、合従軍戦における魏軍の総大将を務めた。 作戦の指示など、父・呉慶と似ている描写がみられる。 かつて毒兵器に興味を持っていたが、韓の成恢の存在を知って断念したという。...
斉の将軍。 合従軍に参戦するときに斉を率いたが、蔡沢と王建王の交渉で引き返すこととなった。 ...
斉の国王で、蔡沢の訪問時には毒蛇の姿焼きを食べていた。 蔡沢による交渉で合従軍からの離脱を決定し、軍にそれを命じた。 蔡沢とは昔からの付き合いだと言っている描写がある。 戦争を「大金を得るための仕事」だと考えている。 ...
秦の役人の一人。 合従軍戦を前に、昌平君の命令で中央一帯の軍への出撃準備をさせるよう指示を受けた。 ...
秦の役人の一人。 合従軍戦を前に、昌平君の命令で秦国内すべての城に籠城体制をとらせるよう指示した。 ...