メニューを開く(+)閉じる(×)
秦国の文官の一人。 李牧率いる合従軍の別働隊が南道から咸陽を攻めようとしていることが判明し、ヒョウ公も討たれてしまった際に、昭平君と行動を共にしていた。 不穏な動きをしていた李斯の元へ向かおうとしていたところ、行く手に嬴政が現れて昭平君との一対一での対話を求めたため、先に向かうよう昌平君から指示を受けた。...
秦国の文官の一人。 李牧率いる合従軍の別働隊が南道から咸陽を攻めようとしていることが判明し、ヒョウ公も討たれてしまった際に、昭平君と行動を共にしていた。 不穏な動きをしていた李斯の元へ向かおうとしていたところ、行く手に嬴政が現れて昭平君との一対一での対話を求めたため、先に向かうよう昌平君から指示を受けた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
趙国の武将の一人。 合従軍の戦いでは李牧とともに函谷関の戦いを人知れず抜け出して、南道から咸陽を攻めようとする部隊にいた。 ヒョウ公軍や飛信隊がその部隊に追いついたとき、李牧がこれを迎え撃つための「流動(りゅうどう)」という戦術を使う際には、「要」のポジションの一人に指名されていた。...
韓軍の武将。 合従軍戦では、函谷関の陥落が困難と判断された15日目の各国の軍略会議に、すでに討たれた成恢にかわり、大将代理として参加した。...
合従軍との戦いの時点での、楚の王。 楚軍の臨武君や汗明が討たれたという知らせを聞き、体裁を気にして苛立っている描写があった。 ...
秦の将軍で、対魏の山陽攻略戦のころは蒙ゴウ軍の副将を務めていた。 王賁の父に当たり、蒙恬いわく、自分が王になりたいという野望があるという。...
カリンの弟。 カリンから、蒙武と汗明の一騎討ちに横から入って蒙武を打つよう指示を受けた。 ...
王コツが現役だった時代から前線にいる秦の兵。 王コツの敗戦を知らなかった。 ...
カリンの部下で、カリンの背後に飛んできた槍を弾き返した。 ちなみに弾いた槍はバミュウの背中に命中した。 ...
カリン軍が隆国軍を攻めたとき、項翼を迎え撃つよう指示を受けたが失敗した。 両側のほおにある三本の斬り傷が特徴的。 ...
カリン軍が隆国軍の陣に攻め入ったとき、第三壁のあたりで討ち死にした秦兵。 ...
合従軍戦で、オルドを生け捕りにして連れてくるように王翦から指示を受けたがオルドに返り討ちにあった。 鼻にある傷が特徴的。 ...
合従軍戦で、オルドの軍勢の背後から矢の残りを考えず射ちまくるように、王翦から指示を受けた。 ...
飛信隊の一員で、合従軍の戦いの頃に加入した描写がみられる。 コミックス28巻のころ、巻末のエピソードに登場していた。 地元は練村(れんそん)という村で、自称「ブチ切れの狼牙」の異名を持つという。...
燕国の兵士の一人。 合従軍の戦いの15日目、突如いなくなった王セン軍の行方を追っていた。...
秦国の隊長の一人。 合従軍の戦いでは、李白軍と戦っていた飛信隊と交代するため、ヒョウ公の命令で駆け付けた。...
合従軍の戦いでは、韓軍本陣の守備長を担っていた。 成恢を狙った桓騎や張唐らの隊の前に立ちはだかった。...
秦国の隊長。 合従軍の戦いの15日目には函谷関の門の上を守り、敵に拠点を作られてしまった。...
1 / 1512345...10...最後 »

▲先頭へ