メニューを開く(+)閉じる(×)
和田守男・明恵夫妻の一人娘。 重い病気を抱えており、海外の名医にしか治せないほどだった。 そこへ、クリスマスの日に病室に「天正菱大判」が届けられ、オークションで競り落とされた1億という金額が治療費に充てられることになった。...
天草財宝発掘ツアーの案内役として金田一たちに同行した少年、16歳。 足を怪我したという父親に変わって、案内役を引き受けることとなった。...
小学生で、金田一一のいとこで、金田一がクリスマスにアルバイトした親戚の家の娘。 10歳。 一のアルバイトの際に起こった事件の影響でコテージがつぶれ、一のおじ(フミの父)もチベットへ行ってしまったため、一の家に転がり込んだ。...
18歳。 紫乃の息子として育てられたが、本当は綾子と蔵之介の間の子供。 血液型はAB型である。...
18歳。 綾子の長男として育てられたが、本当は紫乃と仙田猿彦の間の息子である。...
17歳で、綾子の長女である。 ...
15歳で、綾子の次男である。 大病を患った影響とのことで、一人で遊びに興じたりする描写があった。 数年前に龍之介が毒を隼人に盛った影響だという体面で、実際には異常をきたしておらず、龍之介が紫乃に毒を盛ったと発覚した直後に本性を現した。 飛騨からくり屋敷殺人事件の後、桐山環とともに駆け落ちする計画があった。...
17歳で、巽家の使用人。 巽家には住み込みで働いていたが、飛騨からくり屋敷殺人事件の後は巽隼人と一緒に駆け落ちする計画があった。 ...
・17歳 ・アメリカのロサンゼルス出身 ・ロス市警の警視の叔父を持つ ...
斑目三姉妹の三女。 12歳。 紫紋が触った毬(まり)を池に捨てた。 左目が緑色をしている。...
都築哲雄の娘、9歳。 重度の腎障害だったが、哲雄の死後、腎臓の移植手術を受けて助かった。 事件の後はいつき陽介の家に引き取られ、その後のストーリーでも生活の様子が描かれている。 コミックス22巻では、いつき陽介の家の表札に「瑞穂」と、下の名前だけ書かれている描写がある。...
斑目三姉妹の二女。 18歳。 黒死蝶殺人事件から半年後に、金沢で深山日影と結婚式を挙げた。...