メニューを開く(+)閉じる(×)
■本名は樹村信介 ■フリーライターである...
いつき陽介の知り合いで、週刊ケンタイの編集者、35歳。 関西弁を話し、名刺には仕事で使用する連絡先のほか、プライベートの連作先や趣味のホームページのURLを掲載するほどコンピュータに関わりがあった。...
神田川出版の編集者、24歳。 自身いわく編集長が「オニ」である。 橘五柳が殺された際、いち早く自社にその旨を伝えた。...
フリー編集者(エディター)、26歳。 橘五柳からは、暗号について何かを聞かれたら「私で終わりよ」と言えと託された。...
音羽出版の編集者、28歳。 橘五柳の誕生パーティーを前に、金田一に暗号解読を持ち掛けた。...
飛躍社という出版社の社長、40歳。 東京都内に一戸建ての住宅を持ち、橘五柳からは暗号として、誰かに何かを聞かれたら時任亘に聞けと言われていたという。...
芸能レポーターで、速水玲香の行方を追って青森県のタロット山荘まで追いかけてきた。...
芸能レポーターで、速水玲香の行方を追って青森県のタロット山荘まで追いかけてきた。 タロット山荘殺人事件の後も、遊園地に玲香が現れたという情報を聞きつけて現れた。...
・24歳 ・美術雑誌「美術ジャーナル」の記者 ・高校のときに両親を亡くしている ※怪盗紳士が金田一たちの前に現れるとき、醍醐真紀の姿に変装していることが多い ※本物の醍醐真紀は雑誌記者で、青森の蒲生邸の事件のときは地球の裏側でバカンスしていた ※醍醐真紀に変装している彼女いわく、顔は特殊メイクだが、カラダは100%天然だという ...
・30歳 ・犯罪ルポライター ・バルト城ミステリーナイトの他のメンバーとは「魔女狩りの間」で合流した ...