メニューを開く(+)閉じる(×)

■自らを「地獄の傀儡師」と名乗る犯罪芸術家である

■マジシャン・近宮玲子の実の息子である

■金田一たちと初めて出会ったのは、死骨ヶ原ホテルを舞台にした事件でのこと

■体重は50キロくらい

■物心ついたころからイギリスに住んでいた
・父親は貿易関係の商社勤務
・7歳の頃、ロンドンで公演をしていた近宮玲子のマジックショーを父親に連れられて見に行った
・10歳の誕生日に、マジックの練習中の公園で近宮玲子に会った(※マジックの手ほどきを受けたその公園は日本なのかイギリスなのか不明)
・17歳で父親が死亡し、マジックの修行に出ようと決意した
・18歳の頃、イタリアで修行中、近宮玲子の死を知った
・20歳のとき、3年ぶりにイギリスの実家に帰った、そこへ近宮玲子から、高遠の18歳の誕生日の消印でトリックノートが送られていた(近宮が高遠のイギリスの住所を元々知っていたのか、誰かに聞いたのかは不明)
・20歳~21歳の頃、マネージャーとして幻想魔術団に入団した
・魔術列車の事件の後、7月17日に旭川留置場から脱獄した

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:高遠遙一(たかとおよういち)

分類:マジシャン