メニューを開く(+)閉じる(×)

都築哲雄の娘、9歳。

重度の腎障害だったが、哲雄の死後、腎臓の移植手術を受けて助かった。

事件の後はいつき陽介の家に引き取られ、その後のストーリーでも生活の様子が描かれている。

コミックス22巻では、いつき陽介の家の表札に「瑞穂」と、下の名前だけ書かれている描写がある。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:都築瑞穂(つづきみずほ)