メニューを開く(+)閉じる(×)

紫乃の客人として巽家を訪れ、自ら「合わせ扉の間」を希望した。

実際は紫乃と猿彦が交代で演じていた。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:赤沼三郎(あかぬま さぶろう)