メニューを開く(+)閉じる(×)

斑目紫紋の助手として、斑目家にいる。

金田一たちが屋敷にやってくる3か月前にやってきた。

半年以上前の記憶がなく、気が付いたら金沢の病院にいたという。

その病院の人によると、金沢の山奥で、打撲とやけどを負って倒れていたのだという。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:深山日影(みやま ひかげ)