メニューを開く(+)閉じる(×)

ノンフィクション作家、50歳。

いつき陽介いわく、6年前のラクルート事件などをすっぱ抜いたこともある有名な作家だという。

軽井沢の別荘はイタリアの有名建築家の設計である。

事件のきっかけとなった原稿をもとにして橘の死後、遺作の「臓器密輸」が、鴨下あきらが勤める音羽出版から刊行された。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:橘五柳(たちばな ごりゅう)