メニューを開く(+)閉じる(×)

15歳で、綾子の次男である。

大病を患った影響とのことで、一人で遊びに興じたりする描写があった。

数年前に龍之介が毒を隼人に盛った影響だという体面で、実際には異常をきたしておらず、龍之介が紫乃に毒を盛ったと発覚した直後に本性を現した。

飛騨からくり屋敷殺人事件の後、桐山環とともに駆け落ちする計画があった。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:巽隼人(たつみ はやと)