メニューを開く(+)閉じる(×)

巽家の使用人。

巽紫乃との間に設けた息子が巽龍之介だった。

それを理由に紫乃をゆすってきており、2人が交代で演じた赤沼三郎が「死亡」した後、一緒に死のうとけしかけられ、紫乃が細工した銃が暴発して死亡した。

高所恐怖症のために、庭師としての作業中も脚立の高い所には登れずに、高枝切りばさみを使っていた。

※このページの情報は、実在の物事とは一切関係ありません。

関連情報:仙田猿彦(せんだ さるひこ)