メニューを開く(+)閉じる(×)

す…、水中メガネの跡(゜д゜)!?

手紙を空いたアルバイトの女性…(゜д゜)!?

むむ…、それは盲点でしたp(´⌒`q

今回のマガジンの表紙は「七つの大罪」のキャラクターたち。

巻頭グラビアは浅川梨奈(あさかわなな)さんでした〜(りなさんじゃなかったんですね)〜(*^▽^*)

さて、今回はいよいよ解決編です!!

犯人「セイレーン」は…!?

金田一くんが示す指の先にいたのは……、伊豆丸!!

筆者の予想は見事に外れました〜( ̄ー ̄)

考えすぎだったかな…。

しかし海星の撮影したビデオに映った伊豆丸の水中メガネの跡が決め手になったって言うのは気付きませんでした(^^;)

言われてみれば跡付いてるね〜っていうかんじ…。

そして部屋割りもポイントと言えばポイントだったようで、伊豆丸から「わいろ」が鬼島にあったようですね。

さすがに解決編の前に開けっぴろげにはできないでしょうが、

「刑事さん、じつは…」

みたいに、剣持のオッサンか誰かに打ち明けようとしているコマで次のシーンへ…みたいなのがあると、

「あ、鬼島のあのシーンは伊豆丸の賄賂を打ち明けるシーンだったのかな?」

っていう納得がありますよね(^^)

あったんでしたっけ?あったらゴメンなさいm(__)m

寒野殺しに関しても、セイレーンの潮の引きを利用したもの。

筆者は「セイレーンの声に合わせて別の音を消したのでは?」という推理でしたが、ココはもっとシンプルに「潮の引きに合わせて自動装置が作動した」ということで良かったみたいです(^^;)

次回は影尾殺しのトリックですが、キーになるのはもちろんと言うべきか美雪ちゃんがやっていたカップとボールのマジックのヤツ!

気になるのが、金田一くんが「ハッ」となっていたところ。

文脈上は「聖恋島殺人事件の動機に勘付いた」と判断するのが良いのかな?

まさか「この事件、高遠が絡んでいる!?」って察したわけじゃないでしょうしね。

高遠だったらメガネの跡くらい計算に……、どうでしょうね(^^;)

高遠も昔は大きなヒスイの置き場に困ったこともあったようですから。

(バイトの方…、雪鬼伝説や人形島以来のご登場…、今度からそういう可能性も想定して読み進めようっと…)

前回までの感想などなど

聖恋島殺人事件 第9話感想(金田一くんが犯人の目星をつけるまで)

聖恋島殺人事件 第8話感想(寒野が第三の犠牲者となって窓の外に気配を感じるまで)

聖恋島殺人事件 第7話感想(回天の発見&潮事件のトリック検証まで)

聖恋島殺人事件 第6話感想(聖恋島の「声」の秘密に迫るまで)

聖恋島殺人事件 第5話感想(聖恋島の過去が語られ始めるまで)

聖恋島殺人事件 第4話感想(潮が第二の被害者となるまで)

聖恋島殺人事件 第3話感想(第一の被害者が影尾と判明するまで)

聖恋島殺人事件 第2話感想(第一の事件が起きたところまで)

聖恋島殺人事件 第1話感想

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ