メニューを開く(+)閉じる(×)

あらすじ

金田一の口から、容疑者たちの前で明かされた、事件の真相。

不動高校教師の朱鷺田忍が企てた、漢田切裏子と鈴丘魔矢子を「殺す」ための今回の一件。

それを犯人に利用され、逆に自らの命を奪われてしまった。

その経緯や真犯人の正体が、一つ一つ明らかになる。

■ペルソナドールの正体は!?

3人いるペルソナドールのうち、朱鷺田先生が基本的に演じていたのは「紅小路巴」のみ。

3人のうち誰か1人だけの場合は朱鷺田先生が演じることもあったけれど、3人揃っている場合は代役を雇っていた、というのが金田一の推理。

その代役として雇っていたのが、帰国直前の外国人

今回の事件で雇った2人も、もう帰国の途に就いてしまっているのではとの推理だった。

■そもそも、ペルソナドールという3人組をオモテに出した件について

弓月清吾の妻子を結果的に死に追いやったのが「時田朋江」として書いた小説だったことからその名を捨て、

「3人組なら表現などが似ていても時田朋江と同一人物だったと気づかれないだろう」

という思いから、3人組の特異な集団として書いていることを世間に印象づけようとしたのだという。

■火吐潟島での3人の中身は?

金田一の推理では「漢田切裏子」が殺されて胴体が現れてからずっと「紅小路巴」は真犯人が演じていると推理した。

「鈴丘魔矢子」にも第1の事件を見せているが、そこは筆談による外国語で「芝居だから」と説明したという推理だ。

■真犯人の正体は?

そうして、幾つかの推理から導き出された「人形島殺人事件」の真犯人。

金田一が指さす先にいるその人物には、どんな思いがあったのだろうか。

感想

当サイトでの筆者の予想では、真犯人の正体は「星坂花梨」です。

理由は、朱鷺田先生の首が見つかった直後の「先生」という断定的な発言や、彼女以外はペルソナドールの中の人を「後ろ姿さえも」確認していないこと。

他にも、弓月家の娘である当時の少女がもしかしたら星坂と同一人物ではないかという予測もあります。

さて、真相はどうでしょう??

次回は2016年1月6日(水)予定だそうです。

真犯人が発表されないまま、年越しかぁ……(笑)

しかし、雪鬼伝説殺人事件でも出てきましたが、人員確保のために、事件に名前付きで登場しない人物を絡めるのは意外だなー(@_@)

それだと、時に何でもできてしまいますよねー。

筆者の予想では3人の中身を「朱鷺田先生」「真犯人(星坂と予想)」そして「高遠瑤一」と予想して、島では3人が交代で演じていると予想していましたが、違ったようです…。

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ