メニューを開く(+)閉じる(×)

あらすじ

ついに金田一が抱えていた謎が全て解けた。

金田一の推理によると、朱鷺田先生は漢田と鈴丘を殺害する計画を立て、自分はペルソナドールの「紅小路巴」として金田一に挑戦をふっかけてきたのだという。

ところが、朱鷺田先生は逆にその計画を逆手に取られ、真犯人に殺されてしまったのだと。

そう思うに至る最後のきっかけとなったのが、朱鷺田先生の持ち物。

朱鷺田先生がコンタクトレンズを付けていなかったことから、金田一は、朱鷺田先生がだて眼鏡だったと断定した。

田中豪の証言からすると、12年前に「時田朋江」が書いた小説を機に、加害者親子が事故死。

だから朱鷺田先生は「時田朋江」の名で小説を書くのを辞め、作家を諦め教師として生きることを志し、だて眼鏡はその「後ろめたさ」として付けていたのだと

さらに、いつきからペルソナドールの記事を見せられて「違和感」を改めて覚えた金田一。

そして、まことの母みずほから語られた、まことの双子の妹まゆみをひき殺した人物の名は……、「弓月清吾(ゆみつきせいご)」!

バラバラのピースは、美雪といつきが見てきた焼け跡の状況を加えることで、ついに一つにつながった。

金田一の口から語られたこの事件の動機。

それは、12年前にまことの妹まゆみをひき殺した弓月清吾にあるという…。

感想

随時更新予定です。

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ