メニューを開く(+)閉じる(×)

あらすじ

今回の事件は、金田一と美雪がバイトで働くことになったワインバーから。

他山光太郎(たやまこうたろう:29)がシェフを務めるワインバーに、続々と登場人物達が集まってきた。

羊山城(ひつじやま・じょう:70)はパーティーの主催者、最近盲腸をやってしまって入院していた。

金堂守(こんどう・まもる:50)は社長で、パーティーは初参加。

なにやら今回の登場人物と裏でトラブルを起こしており、恨まれる理由があるようだ。

楽蘭樹(らく・らんじゅ:30)も社長として、ITベンチャーを経営しているが、金堂に会社の空調のメンテナンスを頼んだものの代金でトラブルがあったのだとか。

梶木丸子(かじき・まるこ:34)はアンチエイジング医学の専門医だが、金堂にサプリの代金を踏み倒された過去があった。

エリゼ・ルロワ(24)は日本語の流ちょうなフランス出身のモデルで、明智警視ともフランス語と日本語の両方で話している。

乳井三蔵(にゅい・さんぞう:50)も社長で、不動産会社を経営しており、やはり金堂とトラブルがあったようだ。

ちなみに明智警視はソムリエの資格ではなくワインマスター。

でも注いだワインを一発で均等に揃えるあたり、やはり芸が混んでいる。

そんな中、パーティーに出されていたワイン、1945年ものの「シャトー・ラフィット」に毒が仕込まれていたのか、金堂は倒れて息絶えてしまったのだった……。

感想

今回だけでは、誰が犯人と断定することはできなそうです。

言えるとしたら「だいたいのメンツに動機がある」ということ。

でも、経営者など地位のある人たちが、数万円や数十万円のお金を動機に殺人を犯そうとするでしょうか??

今回の動機は、そうした表面的なものを取り去ったところにあるんでしょうね。

明智警視の謎解きが始まるのを待ちましょう。

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

このページの感想をどうぞ(フォーム形式)

こちらのボタンを押すとフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

気に入ったらSNSでシェアしてください!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

▲先頭へ