メニューを開く(+)閉じる(×)

破裂する接着剤(゜д゜)!?

こわい…、それは確かにコワイ…。

金田一くんが落ちた先にあったもの、どうやら本物の回天だったみたいですね…(^^;)

真っ黒な描写であんまりハッキリ描かれていなかったのは、読者への配慮だったのかな??

今回の表紙はHKT48のメンバーの皆さんでした(*^▽^*)

あらすじ・感想

霧声が20年前から聖恋島でひとりぼっちだっていう情報を元にして、金田一くんや剣持のオッサンは容疑者の20年前のようすに1人ずつフォーカスを当て始めました。

まぁでも、行き詰まるんですよね(^^;)

そりゃそうだ、全員が20年前には生まれているし、最年少の鰐瀬だって当時は5歳ですからね。

その鰐瀬のスマホの写真、子供のころのようですが、横にいる人物は母親を思わせる女性…。

こうやっておおっぴらに出ているのが逆に「何でも無いんでしょ?」と思わせる雰囲気ですが、鰐瀬が犯人じゃないとしても、この母親とおぼしき人物のことは、終盤に何か語られそうですね(^^)

 

さて、金田一くんは潮「殺し」のトリックを推理しています。

潮の件も、きっと犯人によるものであって事故じゃないだろうと。

そこで推理したトリックが、割れるカプセルの強力な接着剤というもの。

ん〜、豊かな発想力(゜д゜)!!

未だ明かされぬ犯人は、最後の一人として「誰か」を狙っているようです。

それは誰なのか…、そしてその犯人の動機も、今ひとつ見えてこない感じです(^^;)

潮殺しの前にシャワーを浴びてくると言った鰐瀬と伊豆丸は少し怪しいとも感じるんですが、根拠に欠けるのが正直なところ。

仮に2人が共犯だとして、事件に至る動機は、仕事絡みではなくもっと深いものだったりするんでしょうか。

 

次回あたり、金田一くんと剣持のオッサンが推理したことを検証する描写などがあるのかも知れませんね。

もしくは、容疑者1人1人に話せる限りのことを話してもらうとか。

第7話までの時点で「犯人しか知らないはずの情報」や「矛盾した発言」などにも気付きません。

いくつもの偶然を装った周到な計画を実行している人物は、聖恋島にいるメンバーの中の誰なのでしょうか…?

前回までの感想などなど

聖恋島殺人事件 第6話感想(聖恋島の「声」の秘密に迫るまで)

聖恋島殺人事件 第5話感想(聖恋島の過去が語られ始めるまで)

聖恋島殺人事件 第4話感想(潮が第二の被害者となるまで)

聖恋島殺人事件 第3話感想(第一の被害者が影尾と判明するまで)

聖恋島殺人事件 第2話感想(第一の事件が起きたところまで)

聖恋島殺人事件 第1話感想

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!