メニューを開く(+)閉じる(×)

第5話を読んで、今回の「怪しげキャラ」は蓮月なんじゃなくて音松なんだなぁと、しみじみ思うわけです…。

今回で新たに明らかになったバックグラウンドもあるんですけどねぇ。

おそらくあと数話、しっかり改修できるんでしょうか(^^;)?

あらすじ・感想

今回は美雪ちゃんが張り切って名推理(?)を披露してくれています(^^)!

だのに、あんまりリアクションしない金田一くん…(笑)

何でしょうね?

「その線は俺も考えてたよ」なのか。

あるいは「可能性は無くもないけどさ…」なのか。

あっ、それで、今回は黒い影の状態で犯人が出てきましたね。

つまりは、白蛇酒造のエリア内にいる人物ってことなのでしょう。

死んだ扱いになっている「蓮月」や「左紺」じゃないってことは確かなのかな(^^;)

そして、先日もちらっと出てきた音松の2人の元奥さんも明らかになってきました。

まずは左近の母の天音(あまね)

彼女は30年前に山菜採りに出かけて蛇に噛まれ、血清を打てども身体に合わなかったそうで亡くなってしまったとのこと。

そして蓮月と黄介の母の鞠乃(まりの)

こちらは7年前に蔵の中で滑って事故死したのを、黒鷹が発見しています。

天音に関しては30年も前。

もしもこの一件が今回の事件の理由なら、犯人は相当長く恨みを持っていることになるでしょうか…。

なかなか現実的には考えづらい話ですね(@_@;)

鞠乃に関しては、黒鷹が発見したというのが少しポイントかな??

仮に黒鷹が鞠乃を転落させてしまったとして、黒鷹が犯人だとするならば、口封じのために犯行を重ねていることになるのでしょうか…。

さて。

第5話までで予想をしてみると、あからさまに怪しいのは音松です。

でも、さすがに無いかなという感じもしていてね(^^;)

次に怪しいのが黒鷹なんですよね…。

序盤で蒼葉にも何か言っていたし、鞠乃の件を目撃したのも黒鷹ですよね?

う〜ん…。

この記事の分類

この記事にアクションを起こしてみよう(^o^)!

Twitterをフォローして更新情報をゲット!

Facebookページに「いいね!」

このページの感想をお聞かせください

気に入ったらSNSでシェアしてください!

[「白蛇蔵殺人事件」第5話感想]に関連する記事

コメントを残す

▲先頭へ