メニューを開く(+)閉じる(×)

金田一37歳の事件簿、ついに37話目を迎えました〜( ̄▽ ̄)ノ

だから?と言われてしまえばそれまでですけどね。

6ヶ月〜7ヶ月くらいのペースで1つの事件が完結する感じですかね。

金田一少年が週刊少年マガジンで連載されていたころと、話数はほぼ同じくらい。

2週間に1話くらいのペースが、謎を考える上では良いのかもしれません(^-^)


File37 京都美人華道家殺人事件「”首”の在処」を読んで

解決編となるとネタバレ要素が多いので、あんまり語れませんけどね。

まずは、雁流が言っていた「サイコ」の意味ね。

これに関しては、驚いた方は少なかったのではないかと思います。

京都美人華道家殺人事件においては、

「犯人と桜子の関係」

「犯人と薫子の関係(これに関しては犯人から薫子に対する思いといった方が良いのかな?)」

そして何より「薫子と桜子の関係」が重要な意味を持つのではないかと、少し前から思っていました。

どうやら「薫子と桜子の関係」に関する部分は、次回で明らかになるようですね。

もしかしたら、双子姉妹の想いのすれ違いという点では、異人館ホテル殺人事件みたいな事情があったりして。

だとしたら少しやりきれない思いですが、果たして…?

【バックナンバー】
イブニング(毎月第2・第4火曜日)

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!