メニューを開く(+)閉じる(×)

美雪ちゃん、またしても金田一くんが変なこと考えてるタイミングでライソ…( ̄▽ ̄)

まぁだ美雪ちゃん37歳は登場しないんですが、金田一くんとは良好な関係を築いているように思うんです。

美雪ちゃんのライソの文面を読む限りでは、チーフパーサーの美雪ちゃんがお仕事を終えて、まもないタイミングで送ってきたように解釈できます。

そうだとして、金田一くんとは結婚しているんでしょうか??

さて、京都美人華道家殺人事件の今回は、第1の犠牲者を金田一くんが発見してしまう訳なのですが…。


前回と今回を読む限り、第1の犠牲者は京極桜子、のように見えます。

筆者は先日、「京極桜子は実は犯人で、薫子と入れ替わっている可能性はないだろうか?」という趣旨の考察記事をアップしました。

今回も引き続き、その可能性を残しつつ感想を述べていきたいと思います。

File28 京都美人華道家殺人事件「足跡なき殺人」を読んで

今回は「第1の犠牲者の発見」のほかは、容疑者達の関係性やそれぞれの過去の出来事が少し判明しました。

ん〜、雁流も怪しげ…(^^;)

でもやっぱり、筆者は京極薫子・桜子の姉妹がゴチャゴチャになっている可能性を捨て切れません。

板前の辻森や仲居の浪風が話すリベンジポルノの件も、ほぼ確認せずに桜子だと疑っているようですが、これが薫子だとしたら、どうなんでしょうね??

リベンジポルノで写っているのは、本当は薫子で、何らかのトリックでアリバイの無い桜子にヌレギヌを着せて、という筋書きがあるとしたら、それだけでもう桜子が薫子を手にかける動機になりそうです。

女性の色気に翻弄される金田一くん37歳

美雪ちゃんからのライソに限らず、今回は特に女性に翻弄される金田一くんなのでした( ̄▽ ̄)

前回に引き続き入浴中のサービスショットを披露してくれたまりんちゃんだけでなく、仲居の浪風にまで色気を感じて、先代・京極清流と仲居の関係性についても想像を巡らせる金田一主任なのでした。

(そういえば浪風も金田一くんと同い年ですね〜、何かあるのかな?)

第1の事件「京極桜子」殺しの発覚について

今回はカギカッコをつけて「桜子」としておきましょうか。

時刻は不明ですが、まりんちゃんがお風呂に入っている時も、窓から枯山水の庭を見ていたそうです。

で、時間が経って辻森や浪風が部屋から去り、金田一くんが目を覚ましたのが午前3時40分ころでした。

お風呂に入っておこうと浴槽に浸かってから、枯山水の見える窓をのぞく金田一くん。

そこで発見したのが「桜子」の死体、お風呂から見えた時点で「人の姿」だったので、枯山水の庭園の模様に変化がないことからも、金田一くんの移動中にすり替わった可能性は限りなく低いでしょう。

「桜子」の血の飛び散り方は、首から足の方向に向けてタテ長でした。

これは、切った瞬間「桜子」は立っていたことを示しているのでしょうか…?

もしもそうだとして、不自然なのは、「桜子」の倒れ方です。

首回りや胸のあたりまで血が飛んでいるのに、刃物を持っている右手は血がほとんどついていません。

また、「桜子」の足がある位置は、岩の上ではなく、小さめの丸っこいエリア。

あれも岩なら不自然ではありませんが、もしもあれが苔というか「植物」ならば話は別です。

人間、立った状態から寝た状態になるまでに、意識しない限りは、足の位置は「立っていた時の場所のまま」ではありませんか?

「foot(足)」です、「脚(leg)」じゃなくてね。

もしも寝ている時の足の位置が立っている時と異なるなら、それは、一度は地面に腰をついていることにならないでしょうか?

皆さんも床の上などに立っている状態から、横になってみてください。

まっすぐ伸びた状態で横になるには、バタンと倒れるしかないハズです。

そうでなければ、一度は腰を床や地面に着いた状態になって、足の位置は立っている時とは異なる位置のはずです。

何が言いたいかというとですね( ̄▽ ̄)

あれが自殺なら、「桜子」は植物のような不安定な場所に立って首を切っている可能性があると思うんですよ( ̄▽ ̄)

「桜子」が本当に自殺だとしたら、首を切った直後に、そのまま地面に倒れこんだ可能性があります。

バターンって、それは衝撃も大きかったことでしょう。

「よっこいしょ」って、一度腰をついて体制を整えるようなこともできなかったんじゃないでしょうか。

つまり!

File28の現場の「桜子」が自殺だというなら、植物の上に乗ったまま首を切ったという状況になるのではないかと、筆者は考えるのです。

「それはあまりにも不自然だよね?」

という理由で、ひとまず彼女が薫子なのか桜子なのかを別としても、あれは自殺ではないと思います。

もっとも、筆者があげたコレが、今回の金田一くんのいっている「違和感」と一致するのかはわかりませんけどね。

(あと、金田一くんが思い浮かべている桜子と、今回の現場で倒れていた「桜子」って、ビミョーにまつげの生え方が違ってる気がするんですよ、偶然かな?)

(まぁエクステなんだろうけど、枯山水の庭で倒れていた「桜子」のまつ毛は、ちょっと薫子のまつ毛に似てなくもない…、かな?)

次回、これをうけて容疑者達が集められるはずです。

そこにまず、薫子は現れるのでしょうか。

仮に現れるとして、そこで何が語られるかを待ちたいと思います。

【バックナンバー】
イブニング(毎月第2・第4火曜日)

今回の本編の直後には、容疑者になれる権利に応募して当選された「浪風千紘」さんのインタビューがありました(*^▽^*)

インタビューによると、金田一少年の事件簿の「ある事件」の影響で、舞台となった島に行かれたこともあるほどだとか。

あとは「あるキャラクター」を疑っているようなんですが、それは筆者も少なからず似たような予想を持っています( ̄▽ ̄)

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!