メニューを開く(+)閉じる(×)

3人とも、王子様だけが理由じゃなかったんだねぇ…。

「タワマンマダム」という肩書きの裏では、みんな辛い思いをしていたってことか。

被害者は美咲雛。

加害者は姉小路・園森・九条の3人というのが序盤から判明した上で進んでいったこの事件。

シリーズ最終回でついに、美咲の過去の行動が明らかになりました。


File25 タワマンマダム殺人事件「タワマンの闇」を読んで

あるものは美咲によって金銭的な困難を強いられて、生活を手放さなければならなかったり。

あるものは美咲によって、治療を要する事態に直面し。

またあるものは、子供の受験での不当な対応によって運命を狂わされ。

だからと言って美咲を手にかけて良い理由には絶対なりませんが、美咲雛という人物の裏の顔が見えた回でもありました。

ところで、竹腰先生がめっちゃ非難されてましたね(^^;)

しまいには、まりんちゃんにまで…。

確かに竹腰先生も褒められた立場じゃないんですけど、タワマンマダム3人が今回明かした動機には関わっていないようだし、気の毒な気も…、あっ、でも直接行動に至る「ハッスルハッスル」の場面があったか…。

やっぱり庇えない竹腰先生…(^^;)

さて。

タワマンマダム3人を署に送った後、真壁刑事が金田一くんと赤提灯で飲むようですね。

金田一くんと真壁先輩といえば「ワカメは海で生えてろ」がとっても印象的なんですが、あれはもう「青春の1ページ」なんでしょうか??

大人になった金田一くんは、真壁先輩を一人の先輩としてリスペクトできるんでしょうか(笑)??

しかし、美雪ちゃんってどうなったんでしょうね〜( ̄▽ ̄)

このシリーズでも登場しなかったし…。

【バックナンバー】
イブニング(毎月第2・第4火曜日)

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!