メニューを開く(+)閉じる(×)

美咲雛の「飛降り」発生。

金田一くんは「立ち入り禁止」以外にも違和感を覚えているようですが、何を感じたんでしょうね…?

犯人のグループも、何個かミスを犯しているようにも思えます。

次回あたりで「現場の違和感」を関係者が口々に語り始めるとは思いますが、ここでいくつか挙げてみたいと思います( ̄▽ ̄)ノ


File18 タワマンマダム殺人事件「飛び降り自殺」を読んで

原作者の天樹征丸(樹林伸)先生がご自身のTwitterで、タワマンマダム殺人事件は倒叙ミステリ(先に犯人がわかるタイプの作品)であることを公言されていました。

今回でついに、金田一くんたちの目の前で事件が起こってしまいました。

タワマンマダム殺人事件は少なくとも、第9話までは続くということかな??

解決編が2回〜3回だとすると、謎を解くまでがあと3回くらいでしょうか。

【1】園森紗英の行動について

まず挙げられるのは、園森が一人で、下着姿の美咲のそばで「準備」をしていたところ。

美咲のスマホをいじっている時に、うっかり竹腰に電話をかけてしまって焦る園森でしたが、当の竹腰は「お客さんから電話」と、気にもかけていない様子でした。

なんで竹腰は、パーティーの参加者であるはずの美咲からの電話を「お客さんから」ってボカシたんでしょうね??

なにか秘密でもあるんでしょうか。

美咲と竹腰の間で、秘密にしておきたいことでもあるのか、んー…。

この「竹腰への電話」で、園森が墓穴を掘りそうな気もするんですよね…。

園森「この時間帯に確かに私はパーティ会場にいなかったけど、雛さんはその時間、竹腰先生に電話をかけていたんでしょ!?私にはアリバイがあるわ!」

とかいうものの、

金田一くん(パターンA)「何故それを知っている?」

金田一くん(パターンB)「警察の検死では、電話がかけられた時間は美咲雛は気絶していたと結果が出ているんだよ」

みたいな、どちらかのきっかけかな??

【2】九条美音子の役割について

九条の役割は、美咲に非常に近い体形を生かした変装のよう。

何をしに行ったのか詳細は不明ですが、第1回からの情報を踏まえる限りでは、

「わざと防犯カメラに映りに行った」

というところでしょうか。

ただ、そこでネックになりそうなのが「3D技術を駆使したお面」でしょうか。

顔がそっくり、体形も美咲に似ているとなれば、防犯カメラの「パッと見」の映像ではごまかせそうです。

その一方で、直径3ミリしか空いていない穴というのがポイントかなと。

左右や真下のものを見るだけでも、そうとう不自然に首を動かさないといけなくなる

と、思うんですよね〜。

そのあたりで、次回以降にボロを出したり、ちょっとしたミスが発覚したりしそうな気もします。

【3】姉小路牧子がゼーハー言ってる件

姉小路は単独で動くことはなく、今の所は園森・九条のサポートがメインのようです。

しかし、めちゃめちゃゼーハーしてますね(^^;)

九条・姉小路の「実行」の最中に園森がカラオケを歌って、他の参加者を引きつけているということでしょうか。

みんなから「うまい」と言われている園森なら、それも簡単そうです。

犯行現場の違和感

園森・九条・姉小路が泣いているのが不自然なのは、読者としてのバイアスがかかっているからだと思います。

それ以外の違和感ね。

まず、美咲が「茂みのような場所」に、「仰向け」で落ちているという点です。

硬いところに落ちて血を流しているなら別として、この状況だったら、ほんのわずかでも助かる可能性を探ったりしないかな??

「まだ助かるかも!救急車を呼んで!!」

とかね。

あと、金田一くんがいう通り、スマホが遠すぎ。

ライソの直後に飛んだとしても、一応ポケットに入れておくか、スマホを置いて飛んだりしないかな?

(考えすぎか…。)

で、最後のコマで救急車が走っているんですよね。

これ、美咲を助けるために誰かが呼んだんでしょうか。

その辺りを含めて、次回の展開がどうなるか待ちたいと思います。

【バックナンバー】
イブニング(毎月第2・第4火曜日)

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!