メニューを開く(+)閉じる(×)

ついに、歌島リゾートで犠牲者が出てしまいました…。

事件が起こった頃のアリバイなどは次回、整理されるのでしょう。

ただ、今回のお話を読んでいる限りで、おかしな話がいくつか出てきました。

ここでは第3話の感想として、筆者が抱いた「違和感」を、3人の登場人物を軸に述べていきたいと思います。


違和感その1:桜沢楓の行動の違和感

まず気になったのは、今回で犠牲になってしまった桜沢楓です。

彼女の行動について、時系列でザックリと振り返ってみます。

16時45分ころ(トキメキタイムで希望の相手を記入)

第3話の冒頭、金田一くんがトキメキタイムのイベントとして、一緒に過ごしたい異性の希望を紙に書いてもらって、それを回収に回っていました。

肝試しのペアの参考にもなるこの記入は、18時からのディナーで変更が可能だといいます。

で、このタイミングで、桜沢と麻生の女性二人が「誰を書いた?」と相互に確認しあっていて、桜沢と麻生の書いた相手がかぶっていないことを確認していました。

19時5分ころ(酔って桜沢に言い寄る館林)

金田一くんの下心を察しているかのようにメッセージを送ってくる美雪ちゃん(^^;)

何歳になっても、この二人は通じ合っているようですね。

で、ほぼ同じタイミングで、館林と桜沢が何やら揉めているんです。

酔った館林が「いいじゃねーか」みたいなね。

これは金田一くんもトラブルを懸念したほどですから、館林も桜沢も、演技はしていない可能性があると言えるでしょう。

20時20分ころ(肝試しのルール説明開始)

金田一くんから肝試しのルール説明があった中で、館林のみトイレで不在…。

他のメンバーは、顔がハッキリ出ている人物も、初登場時以降の服装から見ても、実際に館林以外は揃っていたようです。

20時20分ころ(肝試しのルール説明開始)

金田一くんから肝試しのルール説明があった中で、館林のみトイレで不在…。

他のメンバーは、顔がハッキリ出ている人物も、初登場時以降の服装から見ても、実際に館林以外は揃っていたようです。

で、館林も揃ったうえでペア発表なんですが、なんと館林と桜沢がペアを組むことになっていました。

これには金田一くんもちょっと驚いているようです。

でも、館林とのペアを喜んでいるのは、つい1時間前に嫌な思いをさせられたはずの桜沢のほうなのです。

しかも、まりんちゃんに対して「楽しみ」とも言っていました。

これには、何か「裏」があると考えてしまいますよね…。

20時30分(肝試し開始、そして…)

先ほどのルール説明が20時20分。

肝試し開始が20時30分ですから、犯人は約10分の間に桜沢を手にかけていると考えられます。

やはり、館林と喜んでペアを組んでいるくだりに、何か「理由」があるのでしょうか??

違和感その2:麻生早苗の行動に関する2種類の不思議

不思議1:オーディオルームのCDの謎

そもそも、どうして歌島リゾートに「オペラ座の怪人」のテーマのCDがあったのかという疑問もさることながら(^^;)

本来ならば予期せぬアクシデントがあったところで、せいぜい主催者側の金田一くんとまりんちゃん、そして支配人の冬木の3名だけでもいいところを、麻生が「みんなで行こう」と促したのです。

これだけなら、まだ「好奇心が強い方」ってだけで済むんですよね?

でも!

みんなでオーディオルームに行ってから、音が止んで、なんでもなさそうだねという状態を確認するまでの間に、館林を除けば麻生のみオーディオルームのくだりに参加していないようにも見えます。

「行ってみよう」の後のゾロゾロ出向いて行くシーンに、麻生の後ろ姿がありませんし、その次に登場したのは「無人のオーディオルーム」をみんなで確認した後でした。

オペラ座の怪人のCDのくだりを、麻生がやったという確信は持てませんが、

「麻生ならできる」

といえるほど、辻褄は合っているかと思いました。

まぁ、仮に麻生がやったのだとしても、その目的はまだ謎のまま。

(なんでしょうね、みんなのいた部屋を空にして、何かしたかったのでしょうか??)

不思議2:小野塚とカップルが成立しそうな件

肝試し中、麻生は小野塚と腕を組んで、まぁ仲が良さそうです(^^;)

実は麻生・小野塚ペアは、歌島リゾートまでのバスの中でも隣どうしで楽しく話をしていました。

バスの中のペアと肝試しのペア、これらが一致しているのは、麻生・小野塚ペアだけだったのです!

麻生と小野塚は、互いに惹かれ合ったのでしょうか。

それとも…?

違和感その3:金田一主任37歳、主催者側なのに肝試しのペアを発表時に知っていた件

肝試しのペア発表!

こちらは「組み合わせ」のみ挙げていきます。

(1)小野塚・麻生

(2)館林・桜沢

(3)黒木・星村

(4)大竹・末次

(5)鈴木・辻

金田一くんも意外だった組み合わせ、決めたのは葉山まりん!?

上記の5組の発表で驚いていたのは、金田一くんだけではなかったようです。

(3)の黒木や星村は2人とも、そして(4)の大竹も、ちょっと意外そうな感じです。

決して「相手の人が嫌だ」という意味ではなくて、もしかしたら「意外だなぁ」というところなのではないでしょうか??

特に末次は、自分の希望の相手を星村に伝えていたんですよね、冒頭で。

もしかしてですが、末次はトキメキタイムで書いた相手を星村に伝えてから、希望を変更したという可能性はないでしょうか。

それが、星村の意外な表情の理由だったりして(^^;)

ちなみに、ここで不気味なのが(5)のペア。

お互い、希望する相手ではなかったのでしょうか。

特に辻に関しては、「……」の吹き出しが2コマに渡って書かれていますから、何かあるのではと勘ぐってしまいます。

さて。

参加者の何人かが驚くのは仕方ないとして、金田一くんまで驚いた、この肝試しの組み合わせ。

もしかしたら、肝試しの組み合わせを決めたのは葉山まりんという可能性はないでしょうか?

そうだとすれば、桜沢が館林とペアを組むことを喜んでいたのを、笑顔で接していたまりんちゃんにも、いくぶん説明がつくのかなと。

それに、肝試しのスタート地点から、道中何をどうするまで決めているのは音羽ブラックPR社の側ですからね。

第3話までを読んで、筆者は「この人が犯人かな?」という人がいるのですが、もうちょっと話が進んだら挙げてみようかなと思います。

さて、人物を軸に感想を述べてきましたので、時系列はバラバラ。

詳細はイブニングを読んでみてください。

【バックナンバー】
イブニング(毎月第2・第4火曜日)

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!