メニューを開く(+)閉じる(×)

【驚愕】金田一くん、37歳にして過激かつ壮大にやらかす…。

金田一37歳の事件簿、第2話だというのにもう「こういうシーン」あるんですね…( ̄▽ ̄)

マガジン時代もありましたけど、「ここまで」ってなかったですよね!?

強いて言えばプールのあれくらいかな??

どんな風に金田一くんがやらかしたかは別として、葉山まりんちゃんが必死で笑いをこらえていた件はバレてしまってもセーフなのではと(^^;)

しかしこれ、ワザとではないとしても金田一くん解雇レベルのやらかしじゃないっすかね…。

どうなるやら。

続々と出揃ってきた登場人物

「歌島リゾート夢の縁結びツアー」の参加者・関係者が続々と登場しました。

縁結びツアーの参加者は、男性5名・女性5名なのかな?

冒頭に顔を出した不動産経営の大竹比呂之(おおたけひろゆき)が、少しせっかちでKYっぽい感じです(^^;)

バスに乗る前には、館林一樹(たてばやしかずき)が一級建築士だと聞いて、フリーアナウンサーの末次里菜(すえつぐりな)が敏感に反応。

バスに向かって歌島リゾートに向かう道中では、歯科医師の鈴木実(すずきみのる)とIT企業派遣社員の桜沢楓(さくらざわかえで)が仲良く話し込んでいるかと思いきや、どうも鈴木は、別の女性にも気があるようです。

鈴木が興味を示していた別の女性というのが、看護師の麻生早苗(あそうさなえ)ですが、彼女はガソリンスタンド経営者の小野塚哲也(おのづかてつや)と話をしていました。

のちの歌島リゾートでの食事会では、黒木護(くろきまもる)が金田一くんに「ウラ情報」的なものを教えてもらおうとしましたが、金田一くんからすれば「どうしようもない」ってところでしょうか。

ちなみに、この黒木はバツイチだそうで、わざわざこの情報を出してくるあたり、前の奥さんとのエピソードなども後になって明かされるのでしょうか。

まりんちゃんが黒木に託したワインを飲んでいたのは、声優の辻亜矢芽(つじあやめ)と、薬剤師の星村のぞみ(ほしむらのぞみ)の2人。

辻は好んで美味しそうに、でも星村は勧められたからといった感じでワインを飲んでいました。

そして、今回のツアーを迎え入れる歌島リゾートの支配人が、冬木栄介(ふゆきえいすけ)と。

ミステリーの序盤ということで、登場人物を整理する目的で名前+肩書きくらいに挙げてみました(^^)b

現時点で、歌島にオペラ座館があったことや「ファントム」の言い伝えを確実に知っていると考えられるのは、大竹と冬木の2名だけといったところでしょうか。

金田一主任の後輩・葉山まりんの優秀さ

さて、ここからは気になったポイントをいくつかピックアップします。

まりんちゃん、めちゃくちゃ優秀な件( ̄▽ ̄)

金田一くんがあたふたしているシーンでは、テキパキとお客さんを案内したり。

さすが歌島リゾート行きを立候補するだけあるなぁと思いました。

金田一くんが「伝統芸をお客さんに披露するからアッチ行ってて」というシーンでも、こっそり覗いて、金田一くんの姿勢にむしろリスペクトを表明する器の広さ!

金田一くんがどんな伝統芸を披露していたかなんて「100%」言えませんが、見ていたまりんちゃんも「ヒヤヒヤしたんじゃない」かと思います。

詳しくは今回のイブニングをゲットするか、コミックスの発刊まで楽しみに待ってみるのはいかがでしょう( ̄▽ ̄)

そんなまりんちゃん、金田一くんにどんな思いを抱いているんでしょうね?

二人きりで金田一くんとお食事したがっていますが、その心のうちも気になるところです。

歌島リゾート夢の縁結びツアーのルールもろもろ

「歌島リゾート夢の縁結びツアー」と題して行われるイベント。

ルールの概要として、

「女性から連絡先を教えるのがNGなこと」

「トキメキタイムで一緒になりたい人は途中でなら何度も変更可能なこと」

くらいでしょうか。

トキメキタイムで一緒になりたい人を書くカードの件は、アリバイトリックに使われる可能性がありそうですね。

仮にAさんが被害者だとして、

「実際はAさんと一緒にいたけれど、トキメキタイムのボックスにはBさんの名前を書いていた」

ってことで、犯人が工作しそうですけど、このトキメキボックスは金田一くんも目を通すでしょうし、そこでどんな風に「ひねり」があるかは注目したいところ。

あと、全身ブラックの犯人が出てきましたけど、トキメキタイム&肝試しのルールに加え、大竹がオペラ座館の昔話をしたくだりのあとで、犯人がマズさを感じている描写がありました。

どちらを理由に、マズいんでしょうね(^^;)??

「トキメキタイムも肝試しも、参加者がバラバラになるチャンスが限られてしまうから」

なのか、それとも、

「大竹がオペラ座館の話をして、参加者が警戒しているから」

なのか、あるいは全く別の要因なのか。

でも犯人は、とっさの機転で状況を利用する策を思いついたようです。

さて、ここからどう進んでいくでしょうか…。

看護師・麻生早苗について少し気になった点

今回までの登場人物で、気になっている人物が2人だけいます。

うち1人は後日、考察記事をアップしたいなと思っているのですが、もう1人は今回登場した麻生早苗です。

歌島リゾート殺人事件の第2話で、体のある部分に「アザ」または「ホクロ」のようなもの点が2つほどありましたよね?

ホクロだったら別ですが、これがもしも「アザ」だとしたら…?

金田一少年の事件簿でも、過去には何度か「アザ」が事件の重要な手がかりになるポイントだったこともありました。

「アザがある人が犯人」って訳でなくてね(^^;)

「この事件の動機になった出来事による打撲や火傷がアザになった」ようなキャラクターって、過去にも登場していますよね?

具体的に「この事件」って挙げませんけどね(^^;)

だから、あれがアザだったとしても、それだけで麻生早苗が犯人だとは言いませんよ。

でも「麻生早苗が事件の動機になった出来事に関わっているかもしれない」くらいの可能性だったら、あるのかも知れません(^-^)

【バックナンバー】
イブニング(毎月第2・第4火曜日)

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!