メニューを開く(+)閉じる(×)

記事のタイトルをご覧になって「ナニ言ってるの!?」と思った方もいたかも知れません。

そもそも、事件の推理と全然関係ないですからね(^^;)

でも、筆者はこんな可能性を想定しているんです。

金田一くんは、歌島リゾート殺人事件のあと、ニートになるのでは!?

それが一時的なものか、しばらく継続するのかはわかりませんけどね。

そう考えた根拠を、いくつか挙げていきます!


この記事の目次

第2話で衝撃の大失態!ワザとじゃなくても解雇もの!?

まず最初の根拠は、金田一くんが麻生早苗の「あのシーン」によって解雇となってしまう可能性です。

第2話の、麻生のセクシーショットですね(^^;)

金田一くんが言っていた通り、ワザとではありませんでした。

実際に、直前のシーンを見る限り、金田一くんは転びそうになって、とっさに掴んだのが麻生の…、以下略です(^^;)

しつこいですが、ワザとじゃないんです。

でもね。

麻生が「客」の立場。

金田一くんが「代理店」の立場。

どんなに故意じゃないと言っても、事実として、麻生に恥ずかしい思いをさせてしまいました。

この事実がある以上、金田一くんが責任を取る形で、音羽ブラックPR社を解雇されてしまう可能性はゼロではないと考えるのです( ̄▽ ̄)

この記事の目次へ

歌島リゾートで事件発生!この場合の責任者は金田一くん!?

2つ目は、立場上は金田一くんが責任者なので「解雇」または「依願退職」で辞めていく可能性です。

第5話では、桜沢の事件で恐怖の渦中にいるメンバーたちの中で、大竹が、

「こんなことになったのは、お前たちのせいだからな!」

みたいなことを言っていました。

実際に金田一くんも、即座に謝罪していましたよね?

もっとも、殺人事件が起こってしまうこと自体、金田一くんに予想できなかったわけですし、ましてや金田一くんの仕業なわけがありません。

でも、お客さんを恐れさせてしまったことは事実なわけです。

本来、音羽ブラックPR社の社員として、参加者の皆さんに縁結びでパートナーを見つけてもらうこと、楽しんでもらうことが、金田一くんと葉山まりんちゃんに課せられた「使命」であったはず。

それを果たせないばかりか、事件を防げなかった、ちょっと厳しい言い方ですけどね(^^;)

そう言った点を考えると、この場合に責任を取るのは、役職のない若手社員のまりんちゃんより、年長者で主任という肩書きもある金田一くんなのではないでしょうか。

この記事の目次へ

もしも「あの人」が犯人だったら、音羽ブラックPR社は倒産する!?

そして3つ目。

こちらは「もしもそうなら」というものです。

それは、先日に考察記事にまとめた、葉山まりんちゃんが歌島リゾート殺人事件の犯人だった場合です。

この場合、金田一くん個人というよりも音羽ブラックPR社が倒産して、金田一くんはじめ全社員が路頭に迷う可能性とでも言えば良いでしょうか。

もしも葉山まりんちゃんが犯人だとするならば。

彼女は歌島リゾートの縁結びツアーの「主催者」な訳ですよ。

それなのに参加者を、つまり「お客さん」を、となれば、責任を取るのはまりんちゃんに限りません。

音羽ブラックPR社の、企業としての責任にも関わってくるでしょう。

なので、葉山まりんちゃんが犯人である場合に限り、金田一くんは「倒産による失業」という形で職を失うことになりそうです( ̄▽ ̄)

この記事の目次へ

さて、どうなるでしょうね??

筆者は、歌島リゾート殺人事件が落ち着いて金田一くんが東京に戻ったら、いよいよ美雪ちゃんの再登場もあると思っています。

解決編までもう少し、待ちたいと思います。

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

こちらのアンケートからも投票できます!

この記事の分類

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!