メニューを開く(+)閉じる(×)
今回の表紙連載シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」は、レオ編の続きです。 ドレスローザから海賊船をプレゼントされて喜ぶトンタッタ族の小人たち。 船首がウソランド(笑)、しかもシュガーを2度目に気絶させたver.です(笑)( ̄▽ ̄) アレですかね、傘下の戦士たちはそれぞれ、麦わらの一味の中でリスペクトするメンバーが定まっていくんでしょうか?? トンタッタはウソップだし、バルトクラブはルフィだし。 ドレスローザで面識を持っていないサンジたちにしたって、面識のないまま物語...
今回のヤングジャンプの表紙は武田玲奈さん(⌒▽⌒) ヤングジャンプには度々の登場となりますね(^-^) 最近は雑誌やテレビなど様々なメディアで見かけますが、これからも順調に活躍の場を増やしていってほしいところです。 第545話「直感」を読んで [blogcard url="https://www.hachibukai.net/kingdom/kingdom-story/ousen-kanki-youtanwa-vs-chou"] 飛信隊の軍師・河了貂の策が通...
37歳、音羽ブラックPR社の主任として仕事でおもむく「オペラ座館」のあった歌島。 そのオープニングイベントによる訪問のようですが、オペラ座館が消失してから20年、歌島には何も無かったのでしょうか?? そもそも、音羽ブラックPR社の営業部長・鹿爪剛はどんな風に、誰に対して企画を通したのでしょうか?? その辺を、ちょっと掘り下げてみたいと思います( ̄▽ ̄) この記事の目次 オペラ座館消失から約20年、歌島には何も変化が無かったのか!? そもそも営業部長・鹿...
ホールケーキアイランド編ではルフィたちと共通の目的のために連合軍を組んだカポネ・ベッジ。 彼はストーリーの所々で、しばし「情報力」を感じさせる描写が見られます。 今回の考察では、そこから発展して「カポネ・ベッジがロジャーの全盛期を目の当たりにしていた可能性」について考えてみたいと思います( ^∀^) この記事の目次 白ひげが「仲間を売らない」と分かっていたカポネ ミンク族は「戦闘力が高い」と分かっていたカポネ カポネ・ベッジはロジャーや白ひげの全盛期を見たことがあ...
「サッカーダイジェスト 2018年 2/8 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「ヤングジャンプ 2018年 2/15 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
仕事上のきっかけで、高校生以来「歌島」にまたしても訪れることになった金田一くん。 かつては「オペラ座館」があり、三度にわたって少年時代の金田一くんが事件に立ち向かった場でもありました。 20年の時を経て、今度は仕事として向かう金田一くん。 今回の考察は「音羽ブラックPR社が歌島リゾートのオープニングイベントで求められるリスク管理能力」についてです! この記事の目次 金田一少年の事件簿では通信や渡航手段が途絶えやすかった歌島 鹿爪部長の言うとおり、SNS...
「ヤングジャンプ 2018年 2/8 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「週刊少年ジャンプ 2018年 2/19 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「少年ジャンプ 2018年 2/12 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「最悪の世代」と呼ばれる、ルフィやゾロを含む11人の海賊たち。 その中でもひときわ異彩を放ちさなるのが、ウルージ僧正ではないでしょうか。 今回の考察テーマは、ウルージ僧正が海賊として海へ出なさった理由は「鉛筆削り」にあるのでは!?というものです。 まぁ、違うと思いますけどね(爆)( ̄▽ ̄) この記事の目次 趣味「色事」って、オイ! ゴメンなさい、本題は「鉛筆削り」の方でしたね( ̄▽ ̄) ウルージ僧正が「破戒僧海賊団」を名乗る理由は「鉛筆削り」にあった!? ...
「サッカーダイジェスト 2018/1/25号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「少年ジャンプ 2018年 2/5 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「ヤングジャンプ 2018年 2/1 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「週刊少年ジャンプ 2018年 1/29 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「ヤングジャンプ 2018年 1/24・1/25合併号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「サッカーダイジェスト 2018年 1/11 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
「金田一37歳の事件簿」読みましたよ〜( ̄▽ ̄)! イブニング、無事に各地のお店で販売されていたようですね。 新シリーズの第1弾は、やっぱり旧オペラ座館のあった「歌島」なんですね…(^^;) さぁ、今回は細かい考察は避けるとして、気づいたことや感想を挙げたいと思います。 金田一くん、37歳でもほとんど変わっていない!! いやー、金田一くん、ぱっと見だと全然変わっていませんね(笑)! 寝起きのシーンでちょっとヒゲは生えていましたけど、それくらいかな?...
「ヤングジャンプ 2018年1/15・1/16合併号 2018年 1/16 号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
1 / 3123