メニューを開く(+)閉じる(×)
今週のヤングジャンプ。 「キングダム」は休載でした…。 ただ、今週号の表紙を飾った「Aqours(アクア)」の9名の皆さんが、そのまま巻頭グラビアと巻末グラビアまで飾っていたのが気になったので、ちょっとフォーカスしてみたいと思います( ^∀^) 「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優さんによるグループ「Aqours」 【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~ ...
「黒ひげ」マーシャル・D・ティーチは元々、白ひげ海賊団にいました。 その関係で、ジンベエともある程度の面識があった様子がうかがえます。 ただ、ジンベエの反応を見る限りでは、黒ひげがエースを倒した要因に、ぜんぜん心当たりが無いようなのです。 今回のテーマは「ヤミヤミの実は政府によって闇の中となるはずだった!?」です この記事の目次 ジンベエも知らなかった黒ひげの一面 政府にとって何もかも想定外の「黒ひげのインペルダウン侵入&マリンフォード登場」 政府にとっての...
今回の扉絵は「押し掛け麦わら大船団物語」。 サイがウホリシアに婚約破棄の話を持ちかけたようです。 サイをボコボコにして怒ってどこかへ行ってしまうウホリシアと、その父親チチリシアもプンプンしています。 ベビー5はサイを気にかけていますが、もしかしたら「相手のご立腹」で済んで良かったと考えることもできるかもしれません( ̄▽ ̄) さて、本編の気になったポイント、今回は3つ挙げてみました! 【1】ジンベエの麦わらの一味での立ち位置 まず気になったのは、ジンベエの立ち位...
「サッカーダイジェスト 2017年 10/12号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
ジンベエは王下七武海の一人でした。 マリンフォード頂上戦争を機に脱退したものの、政府に認められていた海賊として、数年にわたって七武海の座についていました。 今回はジンベエが王下七武海入りした時期について考えてみます。 この記事の目次 ジンベエが王下七武海に加入した時期 ジンベエと王下七武海加入時期が近いハンコック&ドフラミンゴ 王下七武海の制度が創設された時期 ジンベエが王下七武海に加入した時期 フィギュアーツZERO ジンベエ (新世界Ver...
今回のヤングジャンプの表紙はNikiさん( ^∀^) 「テラスハウス」にも出演した彼女は、「世界で最も美しい顔100人」にもノミネートされたことがあるのだとか。 確か日本の女優さんも過去に何度かノミネートされたことがある、あれですよね? とはいえ、滅多にないことですし、期待値の高さも伺えます。 さて、今回のキングダムは、蒙恬の考える巻き返しが気になります(^-^) 「信の刃」を読んで Niki 2018年 カレンダー 壁掛け B2 河了貂いわく、もう...
今回のマガジンの表紙は小倉優香さんでした。 最近色々な雑誌でよく見ますね(^^) 少し前にはバラエティ番組にも出演していましたっけ。 さて、金田一少年の事件簿、いよいよ完結編です! 「金田一二三誘拐殺人事件」第10話を読んで 小倉優香 クリアファイル 今回のストーリーでついに犯人の名前を金田一くんが口にしました。 (下記のリンクでは犯人の名前を出しておりません。) フミちゃんを誘拐して、イベントに参加していた新選組の隊士と同姓同名の6名を身代金...
今回は巻頭カラーです。 ジャンプに掲載されたのは9月半ばの「敬老の日」を含む3連休ですが、晴れの日にはそれなりに気温も高くなります。 「まだ夏は終わらない」な感じで、とても楽しそうな麦わらの一味が描かれていますね( ^∀^) 【1】ペドロが32歳だった件 どうですか?みなさん。 「ペドロが32歳でした!」 って言われて、意外でしたか? それとも「まぁ、それくらいかな」っていう範囲でしたか? 筆者は「想定内」でした。 まぁ32歳くらいかなという...
今回のヤングジャンプの表紙を飾ったのは「伊東紗冶子(いとうさやこ)」さん( ^∀^) 大学のミスコングランプリでも入賞したことがあるという、華々しい経歴を持つ彼女が、巻頭グラビアを飾っています。 今後、たびたび見る機会があるのでしょうか。 楽しみにしています! [blogcard url="https://ameblo.jp/sayako--ito/"] 第531話「潮目」を読んで 伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO 今回のストーリーの中で...
マリンフォード頂上戦争のさなか。 当時の海軍元帥センゴクに向けて直接ジンベエが王下七武海からの脱退を宣言したのは、第557話「ルフィと白ひげ」でのことでした。 魚人族にして、王下七武海の一人。 異例の経歴とされるジンベエですが、彼が王下七武海という立場にいた事で、誰がどんなメリットを受けられたのでしょうか。 あるいは、どんなメリットを受けられるだろうと思っていたのでしょうか。 今回はその点について、いくつかの立場から考えてみることにします。 この記事の目次 ...
今回のマガジンの表紙は「風花(ふうか)」のキャラクターたち。 袋とじ企画があるようです。 そして巻頭グラビアは古畑星夏さんです( ^∀^) 「金田一二三誘拐殺人事件」第9話を読んで 金田一少年の事件簿R(13) (講談社コミックス) 金田一くん、謎はすべて解けてしまう前のスパートに入りました。 これまでいろいろなキャラクターが、 「金田一があーいう状態になったら大丈夫なパターンのヤツだ」 と太鼓判を押していましたが、それはフミちゃんも一緒のよう...
「サッカーダイジェスト 2017年 9/28号」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
インペルダウン編で、ハンコックが特例として、レベル6に幽閉されていたエースの元に、会いに行けることになりました。 ここでハンコックはエースに、ルフィが向かっていることを伝えるのでしたね。 ところが、今回そのシーンを振り返って気になったのはハンニャバルが「ジンベエとハンコックに面識がない」と断定していたところなのです。 この記事の目次 第531話「LV3 飢餓地獄」のエース訪問のシーンにて 海賊ハンコックの「手配書が公表されなかった」疑惑!! 大穴予想!ジンベエまた...
今回のヤングジャンプの表紙は美城千咲さん( ^∀^) 「ゲンセキ2017~spring~」という企画でグランプリを獲得した彼女が、満を辞しての表紙&巻頭グラビア登場です! さて、キングダムの本編では、なかなかびっくりな展開になっているようです…。 第530話「必殺の別働隊」を読んで 一番くじ ワールドコレクタブルフィギュア キングダム -全軍、前進- D賞・E賞・F賞・G賞 フィギュア4種セット 秦軍左翼の、紀彗を追い詰める局面に急遽参戦した飛信隊。 敵将...
昨今、ブログと著作権に関する事案が話題にあがるケースがよく見受けられます。 そちらを受けまして、当サイト「続・帰ってきた八武海」での感想記事・考察記事についての調査結果や、筆者の見解を述べさせていただきます。 この記事の目次 「表現の自由」と「著作権」 著作物の「ルール上の」利用に関して 著作権を意識したサイト運営に関する施策 感想記事の更新について【2017年9月15日追記】 「表現の自由」と「著作権」 ブログを書く側の「表現の自由」 ブログに...
今週の週刊少年マガジンの表紙は桜井日奈子さん! 「岡山の奇跡」でしたっけ、最近ではCMなどでも見かける機会が多いですね( ^∀^) さて、金田一少年の事件簿では容疑者5名への尋問が始まりました。 (ちなみに金田一少年のすぐ前に、歴代犯人のエピソードみたいなのがありましたね、悲報島の犯人…、たしかにやること多かったなぁ……。) 「金田一二三誘拐殺人事件」第8話を読んで 【Amazon.co.jp 限定表紙カバー】桜井日奈子写真集(仮) ある人物は、カバンを入...
海軍の前元帥センゴクは、在任当時に少なくとも2回、王下七武海に招集をかけていました。 その2回とも、招集メンバーの中にジンベエが含まれていたはずです。 今回の考察テーマは「センゴクから見たジンベエの人間像とマジメさ」についてです(^^) この記事の目次 センゴクが海軍元帥時代にジンベエに持っていた信頼感 海軍や政府が「海賊ジンベエ」に対して膨らませたイメージ ジンベエが王下七武海時代に示してきた態度 センゴクが海軍元帥時代にジンベエに持っていた信頼感 ...
今回の扉絵シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」では、華の国に到着したサイが、いいなづけだったウホリシアに何か話があるようです。 そこも含めて、今回の気になるポイントをまとめてみます( ^∀^) 【1】結婚の不成立でウホリシア側とサイ側は決裂する!? 八宝水軍のサイと、二宝水軍のウホリシア、でしたっけ? 彼らの結婚で十宝水軍となる構想だったようですが、サイはベビー5と結婚することになったので、その構想は不成立のはず。 「なんだ、結婚する気ないのか!騙しやがって!」 ...