メニューを開く(+)閉じる(×)
今週のヤングジャンプの表紙は乃木坂46の西野七瀬さん(*^▽^*) ん?西野七瀬さんと言えば、そう遠くないほど前にも表紙を飾っていませんでしたっけ? あれはマガジンだったかな。 さておき、キングダムでは王セン将軍の作戦の真意に何人かが気付いたようですよ…(^-^) 第515話「小城の流民」を読んで 鄴の手前の小さな城を落として、民間人へ危害は一切加えずに、食料だけを奪い取って次の城へ。 そうすることで老若男女、たくさんの人々が東へ東へと流れる「人の群れ」が出来...
黒ひげ海賊団の船長マーシャル・D・ティーチ。 彼の周辺を調べてみると改めて「二面性」のある性格を持っている可能性が浮かび上がってきますが、黒ひげ自身が起こした出来事の世界への影響も小さくありません。 今回の考察で、この冬頃から続く黒ひげ海賊団シリーズのひと区切り。 テーマは「黒ひげが起こした出来事の恐ろしい副次的効果」です(*^▽^*) この記事の目次 インペルダウンの囚人達を解放した時点で不要となった王下七武海の称号 黒ひげの行動がもたらした「エースと白ひげ...
黒ひげ海賊団の航海士ラフィット。 彼は黒ひげ海賊団がマリンフォード頂上戦争の場に登場する際に、正義の門の動力室の海兵に催眠術をかけていたのだといいます。 催眠術……p(´⌒`q 今回のテーマは「ラフィットの催眠術は、いつかルフィを惑わせる!?」です(*^▽^*) この記事の目次 ラフィットの催眠術がルフィを動かす!? ルフィを催眠術で翻弄した2人のキャラクター 麦わらの一味VS黒ひげ海賊団の決戦を「ルフィと催眠術」をカギに考える ラフィットの催...
黒ひげ海賊団のメンバーで、今回考察のテーマにするのはドクQです(*^▽^*) 過去のストーリーを復習する上で改めて気になったことがあるんです。 謎めいたキャラクターの多い黒ひげ海賊団の中でもとりわけ、ドクQは何者なんでしょう…? この記事の目次 ドクQの考察ネタは、実はあまり多くない!? ドクQのリンゴがどうしたというのか!? ドクQの持っていたハズレのリンゴが悪魔の実ではない3つの根拠 ドクQの考察ネタは、実はあまり多くない!? 黒ひげ海...
黒ひげ海賊団の1番船船長ジーザス・バージェス。 筋肉質で現実世界のプロレスラーを思わせるその体格は、まさに格闘チャンピオンを思わせるものです。 今回のテーマは「2年の時を経て飛躍的に向上したジーザス・バージェスの知名度」です(*^▽^*) この記事の目次 初登場時:ジャヤ島で全く知られていなかったバージェス ドレスローザ編:名前だけで驚かれているバージェス オーガー、ラフィット、ドクQの知名度は!? 初登場時:ジャヤ島で全く知られていなかったバージェス ...
今週号のジャンプで、第6回のキャラクター人気投票のことが載っていましたね(^^) 前回はローが、ゾロやサンジを抑えて2位に滑り込むという大躍進を果たしました。 今回はどのような結果になるでしょうか…? 【1】ウエディングケーキからたくさん現れたルフィ さて、ルフィが言う面白い登場というのは、ブリュレの能力でたくさんの動物たちを自分と同じ姿に変えて、合図とともに登場するというもの。 見る限りカポネは、ケーキ職人たちにも手を回していたみたいです。 でね。 た...
バナロ島で麦わらの一味によるエニエス・ロビー陥落の情報を知った黒ひげ海賊団。 一部は海軍の誇張(?)によるものでしたが、麦わらの一味を主力とする面々が攻め落としたという点に関しては、大きく間違っているものではありません。 ところで、麦わらの一味がエニエス・ロビーを落としてから、ルフィたちの手配書が更新されるまでに、ある程度の時間がかかっています。 今回のテーマは「麦わらの一味が事件を起こしてから手配書が更新されるまでの期間」について考えてみます(*^▽^*) この記事の目...
この記事は、いつもの週刊少年ジャンプ最新話の感想記事として、第863話「義侠派」の感想をアップする前に書いています(^^) 今週発売されたジャンプに連載された第863話の中で、まず先にこの話題をピックアップすべきではないかと考えたためです。 早速いきます、「シャーロット・カタクリのモチモチの実の能力が自然(ロギア)系である根拠」です(*^▽^*) この記事の目次 別に、カタクリを擁護したいわけじゃない! 餅(もち)より黐(もち)のほうがモチモチの実の能力の描写に近い...
エースと黒ひげの「バナロ島の決闘」は、両者の戦闘能力の高さも相まって、島を破壊するのでは無いかというほど、すさまじいものになりました。 その様子を、バナロ島のバナナ岩を隔てて見ていた一人が、黒ひげ海賊団狙撃手のヴァン・オーガーでした。 今回のテーマは「ヴァン・オーガーは悪魔の実の能力にかまけていない者のどこに感心していたか」です! 「このシーンからどんな展開が推測されるかな?」のような未来に向けた考察と言うよりは「このシーンをどう解釈するのがいいだろう?」という、過去・現在に関...
黒ひげ海賊団に関する伏線考察の記事は、過去にもたくさん書かせていただきました。 その中で筆者は、ある2人の間にどうも「絆」のようなものを感じて仕方が無いのです。 その人物とは「黒ひげ」と「バージェス」です! 今回のテーマは「バージェスの黒ひげに対するタメクチ」です(笑)(*^▽^*) この記事の目次 バージェスが黒ひげにタメ口をきいている主な3つのシーン バージェスが黒ひげにタメグチをきくシーンから読み取れるもの バージェスの「タメグチ謝罪」から読み取れる黒...
黒ひげ海賊団の提督は、マーシャル・D・ティーチという名前です。 元々、黒ひげ海賊団の立ち上げ前は「黒ひげ」という名前では呼ばれておらず、単純に下の名前で「ティーチ」と呼ばれているだけでした。 今回のテーマは「マーシャル・D・ティーチが黒ひげと名乗ることで隠したいもの」について考えてみます(*^▽^*) この記事の目次 エースでさえ直属の部下の呼び名は「伝え聞いた」だけ! ジンベエとシャンクスも「ティーチ」のほうが違和感ナシ!? ティーチが「黒ひげ」と名乗ることで隠...
コミックスでは第25巻から第26巻にかけて描かれた、麦わらの一味と黒ひげ海賊団との初対面のシーン。 先にルフィ、ゾロ、ナミは黒ひげとジャヤの酒場で出会っていますが、海賊団どうしの対面としては、コレが初めてと言えるでしょう。 今回のテーマは「麦わらの一味と黒ひげ海賊団の初対面のシーンに見るいつかの疑問点」です(*^▽^*) この記事の目次 麦わらの一味と黒ひげ海賊団の初対面、それはジャヤ近海だった ロビンとラフィット、またはブルックとラフィットに面識はあったのか!? ...
今週のヤングジャンプの表紙はNGT48の山口真帆さん(*^▽^*) 先日発売されたメジャーデビュー(?)のCDがオリコンで1位になったそうですね。 NGTは北原里英さんがいるところでしたっけ、キャプテンでしたよね(^o^)!? 第514話「愚策の極み」を読んで 列尾と鄴の間にある小さな城を攻めるよう指示を出し始めた、総大将の王セン。 民衆には一切手を出さず、食料を中心にに奪っていく謎の作戦は、疑問を感じてしまいます(^^;) 王センはほかの周辺の小さな城も攻め...
筆者は黒ひげに関する考察でたびたび、 「”黒ひげ”ことマーシャル・D・ティーチは不用意な性格が目立つ」 という趣旨の考察を述べてきました。 [blogcard url="https://www.hachibukai.net/tag/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BC%8F%E7%B7%9A%E8%80%83%E5%AF%9F%E9%BB%92%E3%81%B2%E3%81%92%E3%83%86%E3%82%A...
元海軍大将の青キジことクザン。 どんな形であれ、彼が黒ひげ海賊団と関与していることは、ドレスローザ編での何名かのキャラクターの言動をみれば間違いなさそうです。 今回のテーマは「間に青キジを挟んで考える、黒ひげとバージェスの信頼関係」です(*^▽^*) この記事の目次 黒ひげとバージェスの電伝虫での通話 バージェスは青キジへの不信感を「あえて」口に出している!? たった2文字の台詞でシリュウへの信頼感を示したバージェス 黒ひげがバージェスに1番船船長を任せた理由の...
先日、TwitterでAKB総選挙についてのアンケートをとりました(*^▽^*) ズバリ!「2017年の第1位は誰だと思いますか!?」というもの。 結果はこのようになりました!! 指原莉乃(HKT48):60% 渡辺麻友(AKB48):12% 松井珠理奈(SKE48):7% 上記以外のメンバー:21% 何と、6割もの圧倒的多数で指原莉乃さんの1位を推す人が多いという結果になりました(゚д゚)! 1位への返り咲きを狙う渡辺麻友さんや、SKE48の...
さて、休載を挟んで迎えたサンジとプリンの結婚式。 今週も気になったポイントをまとめてみました(*^▽^*) 【1】ロジャー海賊団時代のシャンクスの左目 今週の扉絵は花札をするシャンクスとバギー。 シャンクスの左腕がまだあるので、これはパラレルワールドというより「昔、こんなシーンがあったとしたら?」という設定の絵でしょうか(^^) バックにはロジャーとレイリーもいますね。 海賊帽をかぶったワニは何でしょう? アイキャッチ的に入れたマスコットなのか、それとも...
クロコダイルの王下七武海の称号剥奪を受けて、マリージョアで行われていた当時のセンゴク元帥らによる話し合い。 そこに現れた人物こそ、黒ひげ海賊団のラフィットでした。 今回のテーマは「大参謀つるは知っている!?ラフィットの謎」です(*^▽^*) この記事の目次 つるはラフィットの素性を知っていた!? マリージョアに行き着くのは「手段」「手続き」ともにタイヘンなこと!? ラフィットがマリージョアへたどり着けた手段に関する3種類の予想 つるはラフィットの素性を知...
ルフィがマゼランの毒に倒れて治療を受けていたころのこと。 ボンちゃんことMr.2ボン・クレーはイワンコフから、その時に自分たちがいたインペルダウンのレベル5.5番地のことや、さらに下のレベル6の囚人達についての説明を受けていました。 今回のテーマは「エンポリオ・イワンコフが語る、のちの黒ひげ海賊団のメンバーたち」についてです(*^▽^*) この記事の目次 ■イワンコフが語るレベル6の囚人達 ■イワンコフがアバロ・ピサロを語らなかった理由に関する2種類の仮説 ■...
こんにちは(*^▽^*) 今回の週刊ヤングマガジンの表紙は泉里香さん。 …ん?以前もヤングジャンプの表紙を飾られた方でしたっけ? この先テレビなどでも見かける機会は増えていくのでしょうか(^^) さぁ、今回のキングダムの感想記事も無事に更新しましたよ〜。 第513話「中華の予測」感想 王センが鄴を見て帰ってきてからというもの、打つ手は奇策ばかり…。 公孫龍に楊端和をぶつけるのはいいとして、せっかく奪った列尾を捨てて出陣したり、鄴ではなく「吾多」という小さ...
1 / 212