メニューを開く(+)閉じる(×)
第820話までのストーリーで、ロジャーや白ひげと面識があると錦えもんの口から語られました。 モモの助もロジャーと面識があるということですが、白ひげとも面識があったのかな? 今回はワノ国とロジャーと白ひげのつながりについて考察してみたいと思います。 ※今回の記事では、錦えもんやカン十郎、雷ぞう、そしてモモの助といった面々については、話題に上がっている集団の中に錦えもんが含まれている限りは「錦えもん達」という表現で話を進めます(^^) ロジャー&白ひげと面識がある錦えもん達 第820話まで...
感想・あらすじ やっぱり犯人は志月でしたねー(^^) そして宇津木殺しのトリックも「磁石」! 深松の時のシャンデリアを留めていた電磁石のトリックが派手すぎて、部屋番号を裏から磁石で操って「1」を「4」にするっていうトリックが何ともいえずシンプルでした(^^;) 自分の部屋の前で人が犠牲になったとなれば、疑われやすい場合もあるし、容疑者から外れやすい場合もあります。 「志月が犯人だったら、わざわざ自分の部屋の前で事件を起こすかな…?」ってね。 今回は結果的に志月が犯人だったわけで、自分...
第820話までのストーリーで、光月おでんがゴールド・ロジャーの船に乗った経緯が少しずつ明らかになってきました。 ロジャーはなんと、おでんを「スカウト」という形式で乗船させていたのですね(@_@) ちょっとビックリです! スポーツ選手の移籍のような形なのかな?? 今回は、大海賊時代のワンピースの世界での、戦力増強手段について考察してみることにします。 この記事の目次 ・麦わらの一味もほとんどが該当!「海賊以外からの勧誘」 ・デービーバックファイトに見る「一方的な引き抜き」 ・おで...
ワンピース第802話から、舞台はゾウ編に移りました。 1000年も生きる象の背中に栄える国「モコモ公国」に、サンジ達と一緒に先に上陸していたモモの助。 上陸間もないころから気分がすぐれないと言ったかと思えば、くじらの森に近づけばまた気分が悪い様子。 その一方で、取っ組み合いのけんかをしているイヌアラシとネコマムシの2人を止めたり、ゾウ編でのモモの助の言動には少し違和感を覚えてなりません。 今回は、その中でも特に不思議な「なぜ8歳なのに、24年前に処刑されたロジャーの記憶があるの?」という...
第820話の終盤、突然ゾウが揺れ始めました! 地震でも起こったのかな?? あるいは、ジャックの攻撃でズニーシャが揺れ始めたのかな?? そんな時に、ルフィは誰かの(もしくは何かの)声が聞こえたんです。 「揺れるズニーシャの上でルフィが聞いたこの声、何の声だろうね??」 それが今回のテーマです。 最初に結論を述べましょう。 当サイトでは3通りの可能性を想定しています。 (1)ズニーシャの声 (2)くじらの森の声 (3)赤いロードポーネグリフの声 1つずつ見てみましょう(^^) ...
あらすじ・感想 ゼノウが出てきて一気に慶舎を狩って力業で戦を終わらせるかと思いましたが、さすがにそうはしないんですね(^^;) 信や桓騎の見せ場を残すという意味では安心でもあり、まだ戦が終わらないという意味では焦れったくもあります(笑) 紀彗をしっかり支える、馬呈や劉冬。 もう、この戦いに参加している主な武将はみんな分かっているんですね(^^) 黒羊の戦い、カギになっているのは紀彗の存在そのもののようです。 だから劉冬や馬呈は持ち場を離れながらも必死で紀彗を守り、慶舎は紀彗の力を借り...
あらすじ・感想 おぉ〜、ついに来ましたね。 やっぱりトリックは電磁石でした!!! 段ボールのホチキスを銅にして、そこに配線巡らせて、事件が終わったら電磁石の本体や線を回収して…。 その過程を、岩屋に見られちゃったわけですね(^^;) しかし、気になるのは宇津木の事件ですね。 金田一は前回、2つの事件は同じ原理で起こっているようなことを言っていましたよね?? じゃあ、宇津木の事件も「電磁石」が関わっていたのかな?? もしくは「磁力」というキーワードなら、最もオーソドックスな「くっつ...
ワンピースの歴史の中で、約900年前から800年前までの歴史に当たる「空白の100年」の出来事。 ワンピースの世界では、それらを調べることは犯罪として、法律で厳しく禁止されているそうです。 それでも、オハラの最後の生き残りニコ・ロビンは、その真実を追い求めるために日々、歴史を追い求めています。 さて、3回にわたって復習も兼ねて「歴史の本文(ポーネグリフ)」について考えてみます。 今回は第41巻、特に第395話「オハラVS世界政府」を中心に考察を進めてみようと思います(^^)v この記...
あらすじ 週刊ヤングジャン連載中で、秦の始皇帝の時代を描いた原泰久先生の人気漫画「キングダム」から、初のビジネス書が発売されます! 2016円3月25日発売の一冊、最近話題の漫画からリーダーシップを学んで、春からの新しい年度に活かしてみてはいかがでしょうか(^^)?? 感想 ただ今作成中です。 購入ページへ> ...
購入ページへ>> あらすじ 人形島殺人事件 紅小路巴の仮面をかぶっていた首だけの死体は、金田一を火吐潟島にいざなった不動高校教師の朱鷺田忍だった…。 驚愕の事実を目の当たりにして心が折れかける金田一だったものの、ペルソナドールの真実を解き明かすうえで、ある真実にたどり着きました。 朱鷺田先生の過去に、どんな事件があったのか??ある家族に起こった出来事とのつながりが遂に明らかになります。! ソムリエ明智健悟の事件簿 接客と皿洗いのアルバイトとしてワイン店で働く金田一と美雪でしたが、ワイン...
ワンピースの歴史の中で、約900年前から800年前までの歴史に当たる「空白の100年」の出来事。 ワンピースの世界では、それらを調べることは犯罪として、法律で厳しく禁止されているそうです。 それでも、オハラの最後の生き残りニコ・ロビンは、その真実を追い求めるために日々、歴史を追い求めています。 さて、復習も兼ねて「歴史の本文(ポーネグリフ)」について3回ほどにわたり考えてみます。 今回の話の中心となるのは第32巻、気になっているのは「ロジャーが空島のすごいところまで行っちゃってる!」とい...
あらすじ・感想 ん〜〜〜〜〜(^^;) 意外と引きずりますね、黒羊の戦い。 4日目でついに総大将・慶舎がゼノウの射程圏内に捕まったんですが、コレで終わりにさせてくれないのが紀彗。 黒羊の城を背負っているだけあります。 そして紀彗の存在自体が、読者にうったえかけるものがありますね。 読者としては「秦が中華を統一して欲しい」「その為に黒羊の戦いに勝利すれば良い」となるのが自然な流れ。 それに対して、作者の原泰久先生は趙側の事情もどんどん出して、読者の人情に訴えかけてきますね。 「秦が...
あらすじ・感想 意外と早かった、もう謎が解けちゃったみたいです、金田一くん(^^) 今回新たに登場したキーワードは、前作の撮影時に自殺したという「一堂百太(いちどうももた)」という人物。 江上が言うには、一堂に深松が思いを寄せていたものの、フラれてしまったのだとか。 江上が言うには、一堂には彼女が居たらしいですね。 で、深松は振られた逆恨みをしちゃいます。 結託したのは、深松に思いを寄せていた宇津木ということで、なにやら複雑な三角関係があったんですね(^^;) 2人で一堂をいじめて...
ワンピースの歴史の中で、約900年前から800年前までの歴史に当たる「空白の100年」の出来事。 ワンピースの世界では、それらを調べることは犯罪として、法律で厳しく禁止されているそうです。 それでも、オハラの最後の生き残りニコ・ロビンは、その真実を追い求めるために日々、歴史を追い求めています。 さて、今回から復習も兼ねて「歴史の本文(ポーネグリフ)」について3回ほどにわたり考えてみます。 第1回の今回はコミックス第29巻を中心にして、ロビンが空地まで発見した黄金都市シャンドラの周辺を掘り...
あらすじ・感想 飛信隊と慶舎隊のぶつかり合いに、信やガロたちが苦戦。 テンも作戦の難しさを感じているようです。 そんな中、紀彗の陣地を斜めに突っ切ったゼノウ一家。 狙いは趙軍の総大将・慶舎。 素に戻って、状況を飲み込めないでいる慶舎。 部下の金毛は、慶舎に対して述べた李牧の言葉を思い出していた。 慶舎に勝つ方法は、アミの外に出してしまうこと。 そしてそれが今、実現してしまっていることに、金毛はただならぬ危機感を抱いていた。 桓騎がまるで李牧級の戦術眼を持ち合わせていることに…。...
あらすじ・感想 岩屋が目撃したという天井裏の黒づくめの「幽霊」って、何者なんでしょうね?? そして絵上は、今回の事件の動機になりそうなことを金田一たちにポロリ。 どうやら、過重労働な環境で自殺に追い込まれちゃったのかな? もしくは「自殺」ってことにして理由を「労働環境」のせいにしなければいけない状況だったとか?? 「銀幕の殺人鬼」ではスタントマンが事故で亡くなった件が動機の一端となっていましたが、似たような状況なのでしょうか。 と言っているうちに第2の事件が。 監視カメラにまず移っ...
第1巻の第1話から登場している、海賊王ゴールド・ロジャー。 彼の処刑間際の一言をきっかけに、大海賊時代は幕を開けました。 そんなゴールド・ロジャーは、読者のみなさんからはどんな風に見られているのでしょう? 「ゴールド・ロジャーはグランドラインのラフテルでワンピースを見つけて海賊王になった」!! えぇ…。 「果たして本当にそうかな?」 そんな疑問を投げかけるのが、今回のテーマです。 この記事の目次 ・レイリーが言うグランドラインの「制覇」を辞書的...
あらすじ・感想 んー(^^) やっぱり慶舎の飛信隊急襲は、桓騎の想定内だったようですね! ラストで現れたゼノウを、慶舎にぶつけてくるのかな?? この状況だと慶舎に対して「詰み」の状態を短時間で作り上げる必要があるでしょうから、高みの見物していた桓騎の出番じゃないんですよね。 じゃあゼノウかな。 信も慶舎を倒したいみたいなこと言ってましたけど、桓騎がそれをさせてくれそうにもないですね、このままだと。 血の気だったゼノウが狙うのは、やはり趙軍総大将の慶舎でしょう、おそらくね。 ゼノウ...
あらすじ・感想 さて、神奈川県警の藤沢警部なる人物が登場して、深松美鶴の現場検証開始です! しかし、刑「キミ誰!?」→金「刑事さんに話したい人がいるってさ」→剣持or明智「彼の捜査に協力してネ」のパターンは根強いですね…(^^;) 異人館村や天草財宝伝説など、各県警の刑事さん初登場時によく見られるパターンでしょうか。 さてと、深松の頭上に落ちてきた200kgのシャンデリアは、高さ6mから吊されていたもの。 シャンデリアを天井に吊していたネジが、人為的に緩められている可能性が浮上しました...
サンジ達と一緒に、ゾウにやってきたモモの助。 上陸してからずっと、気分が落ち着かないみたいです(^^;) なんででしょうね?? 今回は、ゾウ上陸直後からモモの助の体調がすぐれない理由について考えてみたいと思います。 この記事の目次 ■「争い」と「体調不良」でモモの助と共通するキャラクターは…? ■ジャックが去っても気分がすぐれない!覇気の覚醒以外に何かあるかも…? ■まとめ-体調がすぐれないモモの助- 「争い」と「体調不良」でモモの助と共通するキャラクターは…? ONE...