メニューを開く(+)閉じる(×)
このたび、ワンピース・金田一少年の事件簿R・キングダムの3つの漫画を軸とする感想・考察サイト「続・帰ってきた八武海」を公開しました。 こちらのサイトから、情報を更新していきたいと思います。 皆さん、よろしくお願いします!!...
あらすじ 河了貂が秦の兵士達に、夜襲に警戒するよう指示している。 趙軍にとっては、秦軍が森の戦闘になれていないこの夜こそがチャンスだと仕掛けてくることを読んでいた。 月が雲に入るまでに準備を済ませる秦軍。 密林地での野営は初めての者が多いが、ある者は見張りの準備をし、またある者は翌日の主力として休息を取った。 信の元へは楚水。 キョウカイが戻っていないことを心配している。 信やテンも、同じ心配をしていた。 そこへ、桓騎の部下の馬印が信に、失態の責任を取って斬首という桓騎からの指令...
あらすじ 蟻塚が語ろうとする「12年前の事件」の話。 林堂まことの母・みずほが慌てて制止するものの、後になってまことの口から語られたのは、火吐潟島の言い伝え。 火吐潟島に生まれ育ったものは毎年の人形供養祭に参加しないと、「村長人形」首代胴玄(くびしろどうげん)にたたられて死んでしまうと言うことだった。 言い伝えでは、12年前の同日・同時刻に、あるところでは村出身の男性が電車にはねられて首が飛ばされてしまい。 またある場所では、まことの妹・まゆみがトラックにひかれて胴体がつぶれた状態で死...
「ONE PIECE Log Collection special “JIDAIGEKI”[DVD]」です。詳細は「続きを読む」のリンクからご覧ください。
あらずじ 雷土がゼノウに『火兎(かと)』をならすように指示。 笛のようなものを取り出した雷土は、それを加えて戦場一帯に届くほどの音を鳴らした。 それは、元野盗独特の合図。 見方の軍勢も無視した撤退命令。 個の力で逃げるぶん「殿(しんがり)」をつとめるものがいなくて敵の追撃にはもろい。 一方で、周囲を気にしない分、敵軍の騎馬でも捕まりにくいほどの早さで撤退が可能だという。 丘の上で見下ろしている桓騎も、何だかんだで火兎を鳴らす方が被害が最小限で済むと言っている。 さて、逃げ出した雷...
人形島殺人事件 第3話 あらすじ 人形荘の床の間で、漢田切裏子の服を着た死体が発見された。 金田一が不思議な夢を見た日の明け方、5時半頃のことだった。 死体は首と下半身が切断され、厳密には床の間に置かれていたのは、切裏子の服を着た胴体のみ。 登場人物達はみんな驚き、中には吐き気を催すものまで。 金田一といつきは漢田の部屋を調べようと向かうと、そこにはもう2人のペルソナドールが。 紅小路巴と鈴丘魔矢子は、仕事仲間が殺されているにもかかわらず、仮面を取らずに筆談を続ける異常な有様。 人...
戦場の樹海を、丘の上から見下ろす慶舎。 戦局が思い通りに進んでいると読んで、雷土・ゼノウを追う尾平達のいる二列目に襲いかかった。 慶舎の剣があまりに重すぎて、槍が折れて馬ごと転げ落ちた尾平。 慶舎の策略によって、前線で孤立させられてしまった雷土とゼノウの部隊。 別の場所では、金毛と紀彗が丘から戦場を見下ろしている。 金毛が思い出しているのは、李牧の慶舎へのたとえ。 慶舎は蜘蛛のように相手を絡め取って、骸にしてしまう、と。 桓騎はすっかり、慶舎が用意した蜘蛛の巣に引っかかってしまった...
「人形島殺人事件」の第2話です(^^) 金田一くん一行が船で火吐潟島(ひとがたじま)に到着し、また新たな登場人物が明らかになりました。 まずは、旅館「人形荘」の人々。 金田一くんの幼なじみは林堂まこと(りんどうまこと:17)という、意外にも男の子! 美雪ちゃんの口ぶりからして女の子だと思っていましたが、事情があって幼稚園時代は女の子の格好をしていたのだとか。 まことの母親・林堂みずほ(りんどうみずほ:42)も人形荘の従業員。 そして番頭の蟻塚至(ありづかいたる:65)もいる。 次に...
今回から新シリーズが始まりました。 題して「人形島殺人事件」ですが、舞台になるのは表記が異なる「火吐潟島」です。 島に行くきっかけをくれたのは、不動高校の日本史の教師・朱鷺田忍(34)。 そこには、小さい頃に引っ越していったはじめや深雪の幼なじみ「まことちゃん」がいるとのこと。 島に行く船に乗る前に朱鷺田先生から電話で、用事ができていけなくなったと連絡が。 船に乗り込むと、島へ行く数名の登場人物とともに、いつき陽介や剣持警部まで! さらに驚きは、覆面作家と称する正体不明の「ペルソナドー...
第786話「ギャッツ」 第787話「4分前」 第788話「私の戦い」 第789話「LUCY!!」 第790話「天と地」 第791話「ガレキ」 第792話「土下座」 第793話「虎と犬」 第794話「サボの冒険」 第795話「自殺」...