メニューを開く(+)閉じる(×)

夏休み前に突然、自転車をこいで放浪の旅に出てしまった金田一くん。

そんな彼が、久しぶりに帰ってきたのがこの作品「吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件」です。

久しぶりに金田一くんに会えて、張り詰めていたものが少し緩んだような美雪ちゃん、少しだけ切なさを感じてしまうのは筆者だけでしょうか(笑)( ̄▽ ̄)??

金田一くんたちの世界では約1ヶ月ぶり?

私たちの世界でいうと、約4年ぶりの事件でした。


吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件を読んだ感想

この事件の謎を解く手がかりというのは、金田一くんも言っていた通り、

「困難の分割」

にあるのだと思います。

海谷朝香がどうやって、誰にも不可能だったはずの部屋で第一の被害者となったのか。

二神育夫の密室トリックはどんな構造だったのか?

そして、事件の一連の流れで、どうして美雪ちゃんが犯人であるかのような状況が揃ってしまったのか!?

でも「美雪は犯人じゃない」って根拠も含めてしっかり言い切って、美雪ちゃんを安心させてあげる金田一くんのさりげない優しさ。

香港の事件からしばらく経って「金田一少年の新たなステージ」を感じさせるストーリーとなりました。

そうそう。

その香港の事件の直後に送られてきた「手紙」についても、少しだけ判明する情報もあります( ^∀^)

舞台は秋田県の舞蘭村(ぶらんむら)という設定で、由来となっているのは、吸血鬼の故郷とも言われている、ルーマニアのトランシルバニア地方にある「ブラン村」

ストーリー中に登場するワインの「悪魔の血(シンジエレ・ドラクルイ)」が事件に何か関わっているのかと思いましたが、どうだったんでしょう?

あ、でも、少しだけ関係あるかもしれませんね!

血のように赤い…、あっ、なんでもありません(^^;)

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!