メニューを開く(+)閉じる(×)

2012年に発売された、金田一少年の事件簿の連載20周年を記念したコミックスシリーズの第3巻です。

香港九龍財宝殺人事件 第6話〜最終話 を収録

香港九龍財宝殺人事件の後半です。

トリックの種明かしは、過去の事件でもなかなか似たものが見当たらないような規模の大きいものもありました。

ただ、

「犯人って、この人かな??」

と思ってしまう箇所は、この巻だけを見ても何個か見られたのは意外だったかなとおもいます(^^;)

犯人の目星をつけるのは比較的簡単だったけれど、

「じゃあ、どうやってトリックを実行したの!?」

という部分では、コミックスでも謎解きの面白さは味わえるかもしれません。

1話完結のドラマ化前提の作品だったようなので、犯人の絞り込みはこれくらいのほうが、むしろ良かったのかな。

暗黒城殺人事件 第1話 を収録

第1話だけの収録なので、登場人物がイベントに集められて、事件が起こって、それで次巻へ続くといった流れです。

気になったのは冒頭の「数字当てクイズ」です。

金田一くんと美雪ちゃんが「2桁の数字」という申し合わせだけでピッタリ当ててくるのですが、

「なぜその数字を選んだのかな??」

という部分は、あまり深く考えなくて良いと思います(^^;)

第4巻で明らかになりますからね…。

今日の順位は何位かな?

当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。

今日の順位を見てみる

この記事の分類

このページの感想を送る

こちらのボタンを押すと、管理人に感想を伝えるフォームに移動します。
メールアドレスの入力は不要です、お気軽に感想をお寄せください。

記事感想フォームへ

Twitterをフォローして更新情報をゲット(^o^)!