メニューを開く(+)閉じる(×)
ワンピース第891話「信じられてる」を読んで気になったポイントは3つです。 今回、ルフィとサンジが「並列」の関係で描かれていたのを珍しく感じたのは、筆者だけでしょうか(^^;)?? 表紙連載「押し掛け麦わら大船団物語」では、トンタッタ族がドレスローザの復興の指揮を取っています。 それを優しく見守るタンク・レパント。 彼らはレヴェリー(世界会議)には行かないんでしたっけ(^o^)?? この記事の目次 【1】36女で15歳!シャーロット・フランペの存在 【2...
第890話「船の上のビッグマム」を読んで気になったポイントは、こちらの2つです( ^∀^) この記事の目次 【1】巻頭カラーで各キャラクターを干支に割り振り!なぜ亥年がビッグマムなのか!? 【2】ビッグマムの力が強すぎる件 【1】巻頭カラーで各キャラクターを干支に割り振り!なぜ亥年がビッグマムなのか!? 今回の週刊少年ジャンプは、ワンピースが巻頭カラーでした。 そこでは、干支の12種類の動物と対応するように、各キャラクターが描かれていました。 例えば...
世間はすでに2018年。 本稿執筆時点(同1月4日)では、すでに第890話「船の上のビッグ・マム」が週刊少年ジャンプに掲載されています。 でも筆者は、まだ第889話「未知のママ」に関わる部分で掘り下げてみたいことがあるんです。 Twitterでもつぶやきましたが、ちょっとだけ第890話の内容も含まれていることです。 今回の巻頭カラーで「亥(い)」に割り当てられていたビッグマム。ジンベエに「力」で張り合って、豪語していたビッグマム。回想で「人間5歳」と表記されたビッグマム。...
2017年も、まもなく終わりを迎えます。 今年は、ある意味では色々と変化の大きい年でもありました。 そんな2017年を振り返りつつ、2018年以降の当サイトの対応について、記事に残しておこうと思います。 マンガの感想・考察サイトとしての在り方 2017年は、感想記事・考察記事について考えさせられることの多い年でした。 「今回はとても面白かった!」 「過去のストーリーは、こう考えることもできるのでは?」 そのような感想・考察を思いつく反面、誰の自由も、権利...
ワンピース第889話の扉絵シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」は、レオ率いるトンタッタ族の皆さんれす。 どうも海賊を始めたようで、シンボルはドクロの頭が「栗」のよう。 ということはノーランドに対するリスペクトもあるんでしょうね( ̄▽ ̄) トンタッタ族の各キャラクターは、麦わらの一味にもちょいちょい似せてきているので、そこもポイントでしょうか。 さて、本編で今回注目するのはもはや「未知の怪物」と化したビッグマムです。 ビッグマムの食い煩いが長時間放置された状態を子供た...
ミンク族のスーロン化の条件は「満月の光」を見ること!? 月とスーロン。 今回もスーロン化したキャロットが大暴れです( ̄▽ ̄)! でも、そろそろ限界みたい(^^;) サニー号に戻ったキャロットは、月の光を見ないように船室の中に入りたいという趣旨の発言をしていました。 そしてジンベエの補足。 ミンク族は満月の夜、その月を見ると、記憶に宿る野生が呼び覚まされるのだそうです。 ポイントを、さらに2つに分けて考えてみましょうか。 ポイント1:スーロン化す...
ワンピース第888話「獅子」で気になったポイント、今回は「スーロン」を「月の獅子」と表記する件についてです。 今回のタイトルになっている通り、ミンク族は満月の夜にスーロン、すなわち「月の獅子」に変化するようですね。 では! もとから獅子(ライオン)のミンク族がスーロン(月の獅子)になろうとすると、どうなるのか!? でしょ? これも、考えておく必要ってあると思うんです(^-^) ライオンのミンク族(ペコムズ)のスーロン化 ライオンのミンク族はスーロン化...
ワンピース第888話「獅子」での気になったポイントを書いています。 今回ようやく、扉絵シリーズに食いついておこうと思うんです(^-^) イデオ海賊団結成!! あ、今回は元CP9のクマドリは出てきませんので、ご安心(?)ください(^-^) イデオ海賊団が目指すもの 麦わらの一味傘下入り時の気になるセリフ イデオやブルーギリー達が、麦わらの一味の傘下に入るシーンで、ちょっと気になるセリフがありました。 第799話「親と子」では、カタギの格闘大会では無敵だ...
第888話「獅子」の感想や、気になったことを書いていきます。 今回は、ビッグマム「やせた」疑惑とでも言っておきましょうか。 その辺りの話に触れてみようと思います。 ビッグマム「やせた」疑惑 ビッグマムと付き合いの長い長男ペロスペローさえ「痩せる現象」を知らなかった!? ビッグマムが痩せたのではと、気づいたのはペロスペローでしたっけ。 シャーロット家の長男として、他のきょうだい達よりも長くビッグマムに関わっているはずです。 どちらかでしょう、ペロスペロ...
さぁ、第888話「獅子」では新展開もいくつかありますね! 扉絵も気になりますが、まずはコレでしょう( ・∇・) 獅子! キャロットが変身したミンク族の「奥の手」スーロン 目が赤く髪が白くなった「月の獅子(スーロン)」状態のキャロット 今回、スーロン状態になって髪の毛が白く、目が真っ赤になったというキャロット。 コミックス第82巻の表紙を見る限りは、キャロットは金髪というか、黄色っぽい髪なんですよね〜。 そして瞳は黒でした。 スーロン状態のキャロ...
さぁ、今週も行きましょう! 第887話「どこかで誰かが君の幸せを願ってる」です! 扉絵シリーズの「押し掛け麦わら大船団物語」は、イデオとブルーギリーが島に手長族と足長族を残して出航したようです。 ええ、こういう展開!? ちょっと予想外ですが、5回で次のグループへ行くなら、イデオ&ブルーギリー編はこれで一区切りということなのでしょう…。 この記事の目次 【1】シャーロット家に伝わる天然ボケの遺伝子 【2】パウンドというキャラクターと「対比」と「類似」の関係...
第886話「生き様でちゅよ」を読んで気になったポイントは、以下の3つです! この記事の目次 【1】実質サンジVSオーブンの展開なるか!? 【2】シフォンが裏切りならローラもシャーロット家に戻れない!? 【3】覇気が極限状態によって鍛えられるならカタクリが歩んできた状況もきっと過酷なものだった!? 【1】実質サンジVSオーブンの展開なるか!? 今回ついに、オーブンの手からパウンドを助けるために、サンジが動きました。 周りに気づかれないほどの瞬間的な攻撃。 ...
第885話のワンピースのタイトル「ブリュレだよっ!!!」ですが、いろいろな解釈ができそうです(^^;) 先週の第884話の「誰だ」と掛けて、対話形式になっているのでしょうか。 それとも、「ブリュレだよっ!!!」というセリフ自体、とある芸人さんの定番の「返し」に対する(遠めの)オマージュなのでしょうか?? ルフィが「枝」って、違うこと言ってからの「ブリュレだよっ!!!」ですからね…。 で、扉絵のイデオたち、なんで船造ってるんでしょうか?? 手長族と足長族の関係修復にひ...
今回の扉絵シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」は、引き続きイデオ&ブルーギリー編。 彼らXXXジム格闘連合の面々が目にした、争っている船の人たちを見てみると、「手長族と脚長族の千年抗争」なるものだったようです。 ちょっと気になりますね…。 千年!? ぴったり「千年」なのかな?? さて、本編でも少しずつ、脱出へ向けて動きがあったようです。 この記事の目次 【1】ルフィがカタクリを倒す道すじ 【2】実の父だから娘たちから遠ざけるオーブンの非情 【3】...
今回の扉絵連載シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」はイデオ&ブルーギリー編の第2回目。 前回争っていた船にイデオ達が乗り込んで両成敗しています。 見てみると、イデオが殴っている相手、どうやら脚長族にも見えるんですよね…( ̄▽ ̄) 同じく脚長族のブルーギリーとは関係ないのかな?? 【1】カタクリの弱点は「武装色の覇気と見聞色の覇気を同時に使えないこと」!?ええ、そうだと思います( ̄▽ ̄)でも… さて、今回は木曜更新とさせていただきました( ̄▽ ̄) 一部読者の間で...
今回の扉絵連載シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」はイデオ&ブルーギリー編のスタートです。 あ、アブドーラ&ジェットもいましたっけ( ̄▽ ̄) オオロンブスに船をもらって航海していたところ、なにやら事件めいた出来事に出くわしたようです。 これもレヴェリー(世界会議)やワノ国のストーリーに関わってくるのでしょうか?? さて、本編はタマゴ男爵もといニワトリ伯爵が久しぶりに語っています! 【1】ルフィが覚醒するかもしれないのは分かるけど、覚醒したところでどうやってカタクリに...
第881話「波の部屋」。 今回は祝日を含む三連休ということもあって、ジャンプ発売も少し早めでしたね( ^∀^) こういう場合は水曜日以降と言わず、発売日後1〜2日のうちには更新しようかなと考え中です。 さて、今回も気になったポイントをまとめていきます! 【1】サイ&ベビー5、ここでようやく結婚成立!? 扉絵の「押し掛け麦わら大船団物語」は、今回がサイをはじめとする八宝水軍の完結編でしょうか。 ここでようやく、サイとベビー5の結婚式が行われたようです、めでたしめ...
前回、扉絵シリーズ「押し掛け麦わら大船団物語」を見て、 「もしかしたらサイは、ウホリシアにボコボコにされただけで済んで良かったのかも」 みたいなことを言いましたが、どうやら本当に「結婚しなくて良かったパターン」かも知れません。 ……、あ、それを気になったポイントの1個目にしましょうか(^^;) 【1】ウホリシアとビッグマム ウホリシアには20名を超える夫がいた!! サイとウホリシアが結婚していれば、サイは「第26夫」っていうことなんですよね?? 我々の暮...
今回の扉絵は「押し掛け麦わら大船団物語」。 サイがウホリシアに婚約破棄の話を持ちかけたようです。 サイをボコボコにして怒ってどこかへ行ってしまうウホリシアと、その父親チチリシアもプンプンしています。 ベビー5はサイを気にかけていますが、もしかしたら「相手のご立腹」で済んで良かったと考えることもできるかもしれません( ̄▽ ̄) さて、本編の気になったポイント、今回は3つ挙げてみました! 【1】ジンベエの麦わらの一味での立ち位置 まず気になったのは、ジンベエの立ち位...
今回は巻頭カラーです。 ジャンプに掲載されたのは9月半ばの「敬老の日」を含む3連休ですが、晴れの日にはそれなりに気温も高くなります。 「まだ夏は終わらない」な感じで、とても楽しそうな麦わらの一味が描かれていますね( ^∀^) 【1】ペドロが32歳だった件 どうですか?みなさん。 「ペドロが32歳でした!」 って言われて、意外でしたか? それとも「まぁ、それくらいかな」っていう範囲でしたか? 筆者は「想定内」でした。 まぁ32歳くらいかなという...
1 / 1912345...10...最後 »

▲先頭へ