メニューを開く(+)閉じる(×)
今回の考察テーマは「ロッキーポート事件について」です。 第90巻までのストーリーでも、キーワードとして何度か登場しているこの事件。 どんな事件なのでしょうね?? 「ロッキーポートっていう場所で、何かがあったんでしょ?」 おしまい! ……ではなくて(^^;) 今回は、第90巻までの情報や、関係すると思われるキャラクターの状況から「どんな事件だったのか?」という予想を立ててみたいと思います。 この記事の目次 【1】ロッキーポート事件の首謀者...
ワノ国に上陸した麦わらの一味。 そこで早くも、カイドウ率いる百獣海賊団の幹部とも顔を合わせていました。 そんな中で、少し不思議な反応を示していたのが百獣海賊団の真打ちスピード。 動物にしか効果がないと言うお玉のきび団子を美味しそうに食べて、お玉の指示に従っていました。 これは一体どういうこと!? 今回の考察は、そんなところを掘り下げてみたいと思います。 (※本来は人間も「動物」なんですけどね。ここでは「動物」という言葉を「人間以外の動物」として扱わせていただき...
えーとですね。 ワンピース第920話で、新キャラクター「光月日和(こうづきひより)」というキャラクターが登場しました。 今回は、その光月日和が古代兵器ウラヌスに関係していたら面白そうだね、という趣旨の内容です。 今回の考察(とういか妄想)の記事には、第920話の内容を含んでいます。 くれぐれもご注意ください。 この記事の目次 【1】そもそも「日和(ひより)」という言葉の意味について 【2】そもそも「ウラヌス」という言葉について 【3】光月日和と...
皆さん…、第918話を読んで、どう思いましたか? 筆者はめちゃめちゃビビりました( ̄▽ ̄;;)!! 何かこう…、パンクハザード編くらいからの「こうでしょ?」っていうものを、もう一度打ち砕かれた感じがしているんです。 金田一少年の事件簿で、 「マジシャンは何も入っていない状態を見せてからネタを仕込む」 みたいなくだりがありましたけど、ワンピースの今回に関しては、無意識のうちに「ここの設定にはもう何もないだろう」くらいに思っていたところで、さらに斜め上をいく結果が待って...
ワノ国にいる百獣海賊団の真打ちのひとり、ホールデムを倒したら、ジャックが黙っていないんですって?? で、ルフィがホールデムをやってしまう。 もはやワンピース定番のパターンな気がします(笑) さて。 じゃあ、ジャックが狙うのはルフィなのか。 多分そうなんでしょうけど、筆者はそこから別の展開に進んでいくと思います。 それは、途中経過はどうあれ、「黒足のサンジVS旱害のジャック」の局面になるというもの。 今回は、その辺についての考察・予想で記事を書いてみます(...
ワンピースでは、様々なストーリーが描かれてきました。 そして、そのたびに、麦わらの一味が対峙する敵や、その敵にもともと苦しめられていた人たちなどなど、様々な立ち位置のキャラクターたちが描かれてきました。 ワンピースのストーリーには、そういった「立場関係」の描かれ方も重要な要素のひとつであると言っても過言ではありません。 さて、今回の考察は、ワイパーが言っていた「共通の敵」発言についてです。 この記事の目次 【1】空島編でのワイパーの気になる発言 【2】...
ジャヤの島でカルガラとの間に親友の絆が生まれ、涙のままに別れを惜しんだノーランド。 彼が率いる探検船は、ノースブルーのルブニール王国に帰還しました。 今回の考察は、空島編の回想で描かれている情報の限りで、ノーランドたちの船がたどった航路を想像してみたいと思います。 まず、ジャヤを出航するノーランドは、部下たちにこんな風に言っていました。 マリージョアへ進路を取り“北の海(ノースブルー)”へ連絡!!ルブニール王国へ帰郷する!!!(第291話「ここにいる」より) ...
空島編を読み返してみると、エネルに関しては「圧倒的な強さ」と一緒に、もう一つの側面も見えてきます。 それが「詰めの甘さ」です。 ルフィに敗れたことは予想外であったとしても、青海の情報を得る機会が少なすぎたことは、エネルの欠点と言わざるを得ない部分もあります。 自身の雷の能力が効かない「ゴム」という物質があること。 青海に「海賊」という戦士たちがいること。 そして「黄金の鐘」に関しても、エネルは詰めの甘さを露呈していると思うのです。 それが、第294話「...
空島スカイピアを、青海に落とそうという驚愕の計画を発表したエネル。 周りの者たちが驚くのをよそに、エネル自身はフェアリーヴァース(月)へ旅立つための一つの区切りくらいにしか考えていなかったのでしょうか。 さて、今回の考察記事のテーマにしたいのが、エネルの過去に関する意味深なくだり。 空島サバイバルでゾロたちが残ったあと、まさしく青海へスカイピアを落とす考えを口にしたところです。 エネルは、空島を青海へ落とすことに関して、不敵な笑みのような表情を浮かべながら、このよ...
まず初めに、皆さんに質問させてください( ̄▽ ̄)ノ ノーランドって、空島のことを知っていたと思いますか??? どうでしたっけ? 結論を言うと、「知っていた」と考えられます。 根拠になるのが、第228話「「猿山連合軍最終園長」モンブラン・クリケット」で、先祖のノーランドの航海日誌を見せてきたクリケットの話です。 クリケットいわく、探検家モンブラン・ノーランドは、 “空島”の証言者(第228話「「猿山連合軍最終園長」モンブラン・クリケット」より) だ...
今回の考察テーマは「戦士としてのエネルの応用力の高さ」についてです。 空島編、ゴロゴロの実の能力で圧倒的な強さを誇ったエネルは、ほとんどの敵から触れられることもなく、多くの戦士たちを倒しました。 ところが! そんなエネルにも、たった1人だけ叶わなかった相手がいたんです。 それがルフィ!! エネルの電撃にも動じることなく、ケロっとしたリアクションを見せるルフィ。 そこでナミは気が付きました。 ルフィはゴム人間だから、雷が効かないっ!! そ...
今回の考察は、空島編の1シーンから。 テーマなんですが、 エネルって「海楼石」を知っていたと思いますか( ̄▽ ̄)?? という点です。 どうでしょうね?? 筆者には「どっちにも解釈できる」と思えたんですよ。 なので、その辺を振り返らせてください。 お話のスタートは、第275話「神曲(ディビーナコメイディア)」から。 空島サバイバルで、エネルのいうとおり5人が残ったところで、エネルはフェアリーヴァースも含めた驚愕プランを発表しましたよね? ...
空島編の佳境。 スカイピアに居合わせた人々が見守る中、ルフィがついにエネルに勝利しました! ルフィの一撃を受けて戦闘不能になったエネル。 敗北時には、方舟マクシムごと落下していったのでした。 その時の様子を簡潔に表しているのが、スカイピアの住人の、こんな一言でした。 神・エネルと舟が沈む!!!(第299話「幻想曲(ファンタジア)」より) つまり、エネルは方舟マクシムとともに、一度は海雲に沈んだと考えられます。 空島の島雲は、麦わらの一味上陸時点で...
ジャヤの島に上陸した400年前の探検船提督モンブラン・ノーランド。 彼はシャンディア達の儀式を目の当たりにして、なんとカシ神を討ち取り、儀式を批判するという「暴挙」にも見える行動に出ました。 そんなノーランド。 いくら何でもキレ過ぎじゃない( ̄▽ ̄)?? 他国の儀式にですよ。 でも、そうまで怒ってしまうからには、ノーランドが強く訴えたかったものがあるのではないかと、筆者は思うのです。 この記事の目次 【1】ノーランドがジャヤの儀式を批判した理...
エネルは方舟マクシムで、フェアリーヴァース(月)へ旅立とうとしていましたよね? エネルの故郷ビルカでは、神はそこにいるのだと。 そのフェアリーヴァースへ旅立つために、エネルは黄金を使って方舟マクシムを神隊に作らせました。 さて、エネルはどうやってスカイピアの黄金の存在を知ったのでしょうか?? 今回の考察は、そのへんです( ̄▽ ̄) この記事の目次 【1】エネルがアッパーヤードを奪い取った理由は黄金都市シャンドラにあり! 【2】エネルはスカイピアに来...
ノーランドは、船員達の証言も含めるならば、グランドラインに何回か出入りをして、そのたびに記録に残る公開をしてきたようです。 それが、たとえばジャヤであったり、またはグリーンビットであったりもする訳です。 さて、探検家モンブラン・ノーランド。 どうやら「少なくとも1回は、ジャヤとグリーンビット以外の島を訪れている可能性」があるように思えるのです。 今回の考察は、その辺りのお話です(^^) この記事の目次 【1】ノーランドはジャヤ上陸より前にグランドラ...
空島編でエネルが口にしていた「フェアリーヴァース」という名の土地。 それは、「月」であり、エネルはルフィに敗れた後、一人で月を目指しました。 (…月に行って、呼吸できるのかな??) さておき、今回の考察は「エネルが月の人々と真逆のことをしていた可能性」について考えてみます。 この記事の目次 【1】月へ行くだけでなく、空に住む人間を消し去ろうとしていたエネル 【2】神のルーツを知っており、月に神の国を建国しようとしていたエネル 【3】エネルの行動は月の...
空島編。 上空10,000メートルの世界では現実世界のイメージを超越する戦闘も描かれましたが、ほかにも特徴的だったのは、ワンピースのストーリーに全般的に効いてきそうなセリフの数々だったと、筆者は思います。 いくつかありますが、今回ご紹介するのはガン・フォールの一言。 コレです。 戦争時の「英雄」も生きる時代を間違えれば「人殺し」でしかない(第248話「元神様VS神官」より) けっこう深いと思うんですよ( ̄▽ ̄) どんな人も、生きる時代によっては、(その...
空島編でのゾロは、戦闘面においても見せ場が多かったように思います。 ストーリーの流れの中では、空島サバイバルで、エネルの予言通り「5人」が残るまで、麦わらの一味側の戦闘員として、しっかり人数の中に残っていました。 また、ゾロ個人では「剣技のパワーアップ」が目を引きましたね。 「飛ぶ斬撃」というキーワードのもと、ブラハム戦では一刀流「三十六煩悩鳳」を、オーム戦では三刀流「百八煩悩鳳」を見せてくれました。 かつての考察記事では、ゾロと、シャンディアの戦士ブラハムとの戦...
今回は短めに(^^) 前回の考察記事で、 「スカイピアには、ノックアップストリームで悪魔の実図鑑も来ていたのかな?」 みたいな可能性を考えてみました。 要は「悪魔の実の知識」を伝える何かが空島にも届いていたからこそ、スカイピアの人々は「パラミシア」だの「ロギア」だの、悪魔の実に関することを青海の人々と同じように知っていたのかなと。 [blogcard url="https://www.hachibukai.net/one-piece/op-considera...