メニューを開く(+)閉じる(×)
マリンフォード頂上戦争のさなか。 当時の海軍元帥センゴクに向けて直接ジンベエが王下七武海からの脱退を宣言したのは、第557話「ルフィと白ひげ」でのことでした。 魚人族にして、王下七武海の一人。 異例の経歴とされるジンベエですが、彼が王下七武海という立場にいた事で、誰がどんなメリットを受けられたのでしょうか。 あるいは、どんなメリットを受けられるだろうと思っていたのでしょうか...
インペルダウン編で、ハンコックが特例として、レベル6に幽閉されていたエースの元に、会いに行けることになりました。 ここでハンコックはエースに、ルフィが向かっていることを伝えるのでしたね。 ところが、今回そのシーンを振り返って気になったのはハンニャバルが「ジンベエとハンコックに面識がない」と断定していたところなのです。 この記事の目次 第531話「LV3 飢餓地獄」のエー...
昨今、ブログと著作権に関する事案が話題にあがるケースがよく見受けられます。 そちらを受けまして、当サイト「続・帰ってきた八武海」での感想記事・考察記事についての調査結果や、筆者の見解を述べさせていただきます。 この記事の目次 「表現の自由」と「著作権」 著作物の「ルール上の」利用に関して 著作権を意識したサイト運営に関する施策 感想記事の更新について【2017年9月15...
海軍の前元帥センゴクは、在任当時に少なくとも2回、王下七武海に招集をかけていました。 その2回とも、招集メンバーの中にジンベエが含まれていたはずです。 今回の考察テーマは「センゴクから見たジンベエの人間像とマジメさ」についてです(^^) この記事の目次 センゴクが海軍元帥時代にジンベエに持っていた信頼感 海軍や政府が「海賊ジンベエ」に対して膨らませたイメージ ジンベ...
Dr.ベガパンクの、多岐にわたる研究の数々。 中には、未完成のまま「お蔵入り」のような状態になってしまった設計図が、未来国バルジモアにありましたよね(^^;) そのひとつを実現して見せたのがフランキーでした。 まだ見ぬ天才ベガパンク!!おれはあんたの昔の夢を形状記憶合金「ワポメタル」の導入により実現したのだ!!!(第636話「未来国から来た将軍」より) ザックリと言うならば...
久しぶりに、最新話からの考察をしてみたいと思います。 [blogcard url="https://www.hachibukai.net/one-piece/w-jump/6725"] ビッグマムはウエディングケーキを食べ損ねたのが麦わらの一味のせいだと思い込み、追っかけ回しています。 でもね……、今回のビッグマムの癇癪って、ただウエディングケーキを作っただけでは止まらない可能性...
未来国バルジモアで育ったDr.ベガパンク。 彼の人柄は故郷の人々に今も愛され、彼の研究は世界中でその価値を評価するものばかりです。 でも筆者は、ベガパンクの故郷バルジモアの研究所に「自爆スイッチ」があったことが妙に引っかかるのです。 今回の考察テーマはズバリ!「未来国バルジモアのDr.ベガパンクの研究所の自爆スイッチと古代兵器プルトンの設計図」についてです。 この記事の目次...
Dr.ベガパンクの身辺を考える上で、戦桃丸の存在も無視できないでしょう。 第511話「鉞かついだ戦桃丸」で麦わらの一味の前に登場した戦桃丸は、その肩書きが、Dr.ベガパンクの「ボディガード」というものでした。 ボディガードねぇ……(@_@;) 今回のテーマは「Dr.ベガパンクにボディガードが必要だった理由」に関する考察です。 この記事の目次 どうしてどうして、Dr...
政府の科学者Dr.ベガパンクの研究成果の一つには「レーザー」の研究もありました。 シャボンディ諸島編で、レーザーを組み込んだパシフィスタが登場していて、元海軍少将のドレークが驚いていましたね(^^) 今回の考察は「ドレークの驚きに見る、黄猿の攻撃力とバーソロミュー・くまの肉体」についてです。 この記事の目次 元海軍少将ディエス・ドレークの驚き Dr.ベガパンクは黄猿の...
悪魔の実の能力の伝達条件の解明。 これは、Dr.ベガパンクの近年の大仕事だといいます。 今回はそれを踏まえて、悪魔の実を食べた物(無生物)にスポットを当てて、少し考えたいことがあります。 この記事の目次 悪魔の実を食べた物たち 動物(ゾオン)系悪魔の実は「既存の動物の意志」を伝達するもの!? 悪魔の実を食べた物たち ミラクルバトルカードダス ワンピ...
政府の科学者Dr.ベガパンク。 彼の実績のひとつに「悪魔の実の能力の伝達条件の解明」がありますが、そもそも「悪魔の実」というものは伝達条件を誰かが解明しなければならないような物なのでしょうか…? 今回は悪魔の実が「空白の100年」に出来たものである可能性と題して、少し考えて見たいと思います。 この記事の目次 悪魔の実の伝達条件を解明したDr.ベガパンクにとっての「近年」...
今回は、ワンピース伏線考察の小ネタをご紹介します(^^v) スリラーバーク編で、ペローナが飛ばされた先がシッケアール王国跡地でした。 少し後にゾロも飛ばされてくるその場所は、王下七武海の一人ジュラキュール・ミホークが拠点にしている場所でした。 ミホークいわく、シッケアール王国は数年前に滅んだのだと言いますが、ペローナは何故、シッケアール王国跡地に飛ばされたのでしょう。 シッ...
今回は、ワンピース伏線考察の小ネタをご紹介します(^^v) シャボンディ諸島でバラバラに飛ばされた麦わらの一味。 まずゾロが飛ばされて、順々に他の仲間も飛ばされて、最後にルフィが飛ばされて、みんな完全にバラバラになってしまいましたね。 さて、その間にバーソロミュー・くまは、もう1人、もとい「もう1体」を飛ばしたのを御記憶でしょうか? バーソロミュー・くまはパシフィスタ「PX...
バーソロミュー・くま。 その正体は革命軍の幹部でありながら、政府公認の海賊「王下七武海」のひとりとして、マリンフォード頂上戦争から2年後もその立場をとどめていました。 一方で、政府に相対する立場であるはずの海賊「麦わらの一味」を助けるとも解釈できる行動をとることもありました。 一体、くまの身に何が起こったというのでしょうか……。 この記事の目次 バーソロミュー・く...
麦わらの一味がスリラーバークに上陸していたころ。 第472話「ダウン」で同じ場所を訪れたのは、王下七武海のバーソロミュー・くまでした。 でも、彼の様子を見る限り、同じく王下七武海のゲッコー・モリアがいるかどうかは半信半疑のようです。 今回は「バーソロミュー・くまとゲッコー・モリアは互いを理解できていたか!?」について考えてみたいと思います(^^)v この記事の目次 ...
麦わらの一味をシャボンディ諸島でバラバラに飛ばしたバーソロミュー・くま。 その行動の真意は謎に包まれる部分も多いですが、くま本人がレイリーに打ち明けた話の中に「縁(えん)」というキーワードが出てきました。 そこで、今回の考察テーマを「バーソロミュー・くまと麦わらの一味との縁」として考えてみたいと思います(^^) この記事の目次 バーソロミュー・くまとシルバーズ・レイリー...
シャボンディ諸島編で「戦桃丸(せんとうまる)」というキャラクターが登場しましたね。 ルフィ17歳当時はベガパンクの付き人だそうで、2年を経て正式な海兵になったのだといいます。 今回は「戦桃丸が見てきたバーソロミュー・くまの2年間」について考察してみたいと思います。 この記事の目次 まず、戦桃丸について 戦桃丸は2年間、くまの様子を見守ってきた!? 戦桃丸が正式な海兵...
皆さんは、バーソロミュー・くまが、こんな質問をしたのを覚えているでしょうか…? モンキー・D・ルフィに兄がいるというのは本当か(第473話「王下七武海バーソロミュー・くま現る」より) スリラーバークに突如上陸したバーソロミュー・くまは、偶然見かけたナミに、この質問をしました。 皆さんは、くまのこの質問、どんな意図があったと思いますか? 今回の考察のテーマは「バーソロミュー・...
バーソロミュー・くまの、ニキュニキュの実の能力。 それが、麦わらの一味の運命を大きく変えたと言っても過言ではありません。 今回は、ニキュニキュの身の能力によって飛ばされてしまったもう一人の存在、ペローナも加えつつ「ニキュニキュの実の能力で相手を弾き飛ばすための必要条件」について考えてみます( ^∀^)!! この記事の目次 バーソロミュー・くまがペローナを消したとき(第4...
王下七武海の一人バーソロミュー・くまがスリラーバークにやってきたのは、麦わらの一味がそこにいた時のことでした。 なんでこんな男が…、とばかりに驚いていたペローナをよそに、スリラーバークのゾンビたちは、くまのことを知らなかったようなのです。 今回の考察のテーマは「バーソロミュー・くまが世間に知られるようになった時期」についてです( ^∀^) この記事の目次 スリラーバーク...
1 / 1812345...10...最後 »

▲先頭へ