メニューを開く(+)閉じる(×)

ワンピース FILM GOLD グッズ

購入ページへ>> あらすじ 人形島殺人事件 紅小路巴の仮面をかぶっていた首だけの死体は、金田一を火吐潟島にいざなった不動高校教師の朱鷺田忍だった…。 驚愕の事実を目の当たりにして心が折れかける金田一だったものの、ペルソナドールの真実を解き明かすうえで、ある真実にたどり着きました。 朱鷺田先生の過去に、どんな事件があったのか??ある家族に起こった出来事とのつながりが遂に明らかになります。! ソムリエ明智健悟の事件簿 接客と皿洗いのアルバイトとしてワイン店で働く金田一と美雪でしたが、ワイン...
購入ページへ あらすじ 後日更新予定です。 感想 後日更新予定です。 購入ページへ ...
購入ページへ あらすじ 【吸血桜殺人事件】 夜桜亭で巡り合った「偶然」に導かれて起こった事件も、遂に解決を迎えます。 15年前の悲劇が「ある家族」にもたらした悲劇には、ある種の哀しみのような思いもあります。 そして、謎の医師・鬼方桜柳(きがたおうりゅう)の周囲で起こった数十年前の事件も明らかになります。 購入ページへ ...
金田一少年の事件簿R第1巻...
2013年に発売された、金田一少年の事件簿の連載20周年を記念したコミックスシリーズの第4巻です。 薔薇十字館殺人事件 第 7話〜最終話を収録 「どうも、あの人物が怪しい」 金田一くんと高遠が、それぞれの推理で思い始めた人物に、思わぬ「ほかの容疑者と違う仲間外れの要素」が見つかりました。 推理が進む中、「遠山」と名乗っていた高遠の正体が、ちょっとしたきっかけでバレてしまい、監禁されてしまうことになりました。 それもそうか、あれだけのことをしていたら、やっぱり金田一く...
2013年に発売された、金田一少年の事件簿の連載20周年を記念したコミックスシリーズの第4巻です。 暗黒城殺人事件 第2話・第3話 を収録 全3話の短めシリーズの解決編です。 今回の舞台は、容疑者が全員揃った「真っ暗闇」という、極めて珍しい状況です。 全員が狭い部屋の中にいるので、アリバイトリックなどは関係なし。 「どうやって犯人は犯行を実行できたのか?」 がポイントで、そこから芋づる的に謎を解いた金田一くんでしたが、ポイントは「真っ暗な部屋で犯行が行われた」...
2012年に発売された、金田一少年の事件簿の連載20周年を記念したコミックスシリーズの第3巻です。 香港九龍財宝殺人事件 第6話〜最終話 を収録 香港九龍財宝殺人事件の後半です。 トリックの種明かしは、過去の事件でもなかなか似たものが見当たらないような規模の大きいものもありました。 ただ、 「犯人って、この人かな??」 と思ってしまう箇所は、この巻だけを見ても何個か見られたのは意外だったかなとおもいます(^^;) 犯人の目星をつけるのは比較的簡単だったけ...
2012年に発売された、金田一少年の事件簿の連載20周年を記念したコミックスシリーズの第2巻です。 人喰い研究所(ラボ)殺人事件 第9話〜最終話 を収録 人喰い研究所殺人事件は解決編。 犯人のトリックが次々と明らかになりますが、ちょっとしたタイミングや豆知識を応用した「綱渡り」が実行されていった結果だったんだなぁと感じました。 特に、人喰い村で10年以上にわたって受け継がれてきた「生活の知恵」を応用したのは「盲点」と言う他にありません。 ただ、その生活の知恵を村の外...
人喰い研究所(ラボ)殺人事件 第1話〜第8話 を収録 2012年に発売された、金田一少年の事件簿の連載20周年を記念したコミックスシリーズの第1巻です。 この巻の冒頭、中学時代の金田一くんが数学パズル2問に挑戦して、どちらも解いてしまうんですが、ページをめくって正解が見られるようになっているので、読者にもやさしいページ構成になっています( ^∀^) それを踏まえての、中学時代に緑川繭からもらった暗号文は、次の巻に持ち越し…( ̄▽ ̄) あとは、人喰い研究所の所員の葉島と、副...
「剣持警部の殺人」 筆者にとってこの事件は、数ある金田一少年シリーズの中で唯一「もう見たくない…」と思ってしまった作品でした。 買って間もない頃にフルで2〜3回読んだ程度、ほかは気になったシーンを何度か見返しただけです。 そんな風に思えるほど、今回の事件は、私たちの住む現実世界に近い要素を含んでいたのかもしれません。 トリック云々はともかくとして、この事件に至る動機や背景なんかは特にです。 十神まりなが死亡した、この事件の3年前。 その時点で誰かの「何か」を、...
「剣持警部の殺人」を読んだ皆さん。 この事件で、あなたが一番「かわいそう」だと思った人物は、誰ですか? この事件の動機につながる出来事の被害者「十神まりな」なのか。 身に覚えのない濡れ衣を着せられる羽目になった「剣持勇警部」なのか。 考え方は、読む人にとって、人それぞれだと思います。 筆者が考えた、一番かわいそうな人。 それは「この事件の犯人」でした。 いっとき、気が動転していたとはいえ、何か自分自身を止めることができなかったのか。 「犯人」と生前...
獄門塾の合宿施設の「太陽荘」と「月光荘」のそれぞれで起こった5つの事件。 一見すると事件はこれで終了にも見えるのですが、金田一くんと明智警視は「違和感」を抱いたまま。 犯人の正体を明らかにするために、文系の太陽荘では金田一くんが、理系の月光荘では明智警視が、それぞれ推理や捜査を重ねていきました。 獄門塾殺人事件(下)を読んだ感想 月光荘のメンバー1人1人に話を聞いていく中で、金田一くんの前に浮かび上がったのは「藍野修治(あいのしゅうじ)」という人物のこと。 ...
「オペラ座館第三の事件」の終わりを機に、放浪の旅を終えて戻ってくることを決意した金田一くん。 進級がヤバイことを心配する美雪ちゃんが「獄門塾」への入塾を誘うところからストーリーは始まりました。 獄門塾殺人事件のポイントの一つは、冒頭で香港の事件のあと、金田一くんが自転車で放浪の旅に出ていた理由が語られるところです。 そしてそれは、少し明智警視にも関わっているようで(^^;) 獄門塾殺人事件(上)を読んだ感想 獄門塾殺人事件の特徴としては、上下巻あるストーリー...
夏休み前に突然、自転車をこいで放浪の旅に出てしまった金田一くん。 そんな彼が、久しぶりに帰ってきたのがこの作品「吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件」です。 久しぶりに金田一くんに会えて、張り詰めていたものが少し緩んだような美雪ちゃん、少しだけ切なさを感じてしまうのは筆者だけでしょうか(笑)( ̄▽ ̄)?? 金田一くんたちの世界では約1ヶ月ぶり? 私たちの世界でいうと、約4年ぶりの事件でした。 吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件を読んだ感想 この事件の謎を...